駐車ができない

運転免許 | 交通、運転マナー123閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本当ですよね。教習で教えて欲しいです…。 練習あるのみですね。めげずに頑張ります 他の方もありがとうございました!

お礼日時:5/29 11:28

その他の回答(6件)

1

経験(慣れ)が解決します。というかそれ以外ありません。

1人がナイス!しています

0

広いスーパーやショッピングモールの駐車場に行って、 ヒマな時間帯に、何百回でも繰り返して練習しましょう。 出来るまでやるのです。出来ないのなら運転しないことです。 コツはあるけれど、言葉で書いても理解できないだろうから 上手な人に、現場で教えてもらいましょう。

0

わからなくなったらまず停まる。 そこで再度仕切り直し。 まずはそこから。

2

サイドミラーをちゃんと活用しましょう。 とにかく、ぶつけなきゃ良いんだから。 左に寄せるときには左のサイドミラーをよく見ましょう。 右に寄せるときには右のサイドミラーをよく見ること。 ミラーは正直です。何かにぶつかりそうなら、それを正確に伝えてくれるのはミラーです。ミラーを信じて、何にも接触しないことを逐一確認しながら車を動かします。 常に、左右のミラーをいちいち丁寧に確認しながら、少しずつ進めていくんです。だから、車庫入れでバックする時というのは、普通はキョロキョロと何度も細かく首を左右に振りながらミラーを確認するものです。 自宅で、ミニカーか、ティッシュケースなんかを車に見立てて、車庫入れのイメージをしておくといいですよ。 白線内に車を納めようとするとき、車とはいったいどんな動きをするものなのか、確認してみてください。両脇の白線もしくは壁に触れずに車を操作するとき、では一体、車のどの部分を軸にして車体を動かしていくものなのか、というように、よーく観察してみてください。 車をバックさせながら、白線内に車体を入れようとすると、車の後輪より少し前側あたりを軸にして、車体後部を左もしくは右に向けながら進めていくことが分かるはずです。 これを車内に乗り込み運転先から見ると、ちょうどリアガラスのあたりが、後輪付近であることに気づくと思います。 自分の車のどこらへんに後輪があるか確認し、そこを軸にして車体を回していくとき、左右のミラーで障害物に接触しないことを確認しながら操作していくと、なんとなく分かってくると思います。

2人がナイス!しています