艦これで、いわゆる自然回復教を採用しようと思うのですが、考えを聞かせていただきたいです。

補足

考えを聞きたい、というのはかなり大雑把な質問なので、要点を絞ると、 ・恒常的なまるゆ掘りが困難 ・イベントは資源量よりも、装備や練度の問題から、丙や丁が中心 ・欠かさずにプレイはしているが、半年しか経験がないので、イベントへの本格化は、更に半年から1年以上は前提としている こういった条件から、備蓄をして、自然回復域を維持して運改修を促進する、という考え方について、現実的かどうかをお聞きしたいです。 やったことがないので、机上の空論かもしれない、という懸念もしています。 やるなら、ここは気をつけた方がいい、というような自然回復域によるデメリット面も教えていただきたいです。 かなり長くなりましたが、ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

ベストアンサー

0

参考になるご意見いただき、大変ありがとうございます! 将来的には、ブリブリの甲勲章やランカー報酬などにも憧れがあるため、やはり最終目標は高難易度になると思います。 イベ情報出るまで強化、そこから1ヶ月備蓄→これ、正直一番いいな、と思いました。 イベント開始しても、10日ほどは情報出るまで手をつけないので、十分掘りも含めた資源の備蓄と、普段の艦隊強化の両立が出来そうです。 運改修についてもありがとうございます! 魚電見とか、運改修のハードル自体も下がっているとのことですし、幸い幸運艦は優先的に育成していたので、あまり、今のうちからまるゆ建造に固執しなくても良いという考えを持つことができました。 10隻ほど、まるゆがいるので、北上にでも食べさせて、資源は有効かつ積極的に消費していこうと思います。

その他の回答(3件)

1

●自然回復のメリット マンスリーや5-5なども全部やってるけど(ディリー南西だけやらない) それでも、気を抜いたらすぐ自然回復上限を超えちゃう。 自然回復を利用できなくなるのはもったいなから、 ・ディリーまるゆ(最低値大型建造)で運を上げる。 ・96陸攻とか32号電探とか46cm砲 とか、資源重い装備開発に手を出せる。 ●その成果 32号電探と46cm砲が多数あれば、支援艦隊の攻撃がとても強くなるんだ。 艦をレベリングしても、その艦を出せない海域とかあるけど、 支援艦隊用の砲と電探は、イベント全マップで運用できる。 ある意味、支援が主力というかんじで攻略に活かせる。 運改修も、こんな感じになってる。 綾波61/52 夕立51 北上60 夕張51/40 阿武隈60/49 妙高52 摩耶55 ビスマルク44 など チャンスを1回で決められる勝負強い艦がいると、攻略で沼らない。 ●自然回復のデメリット イベント攻略中に足りるかな?と不安になる。 まあでも、だいたい数日残して甲攻略完了できている。 しかし、最適でない微妙な編成で攻略をしようとすると、一気に数万吹っ飛ぶことがあるから、イベント中はずっと気を抜けない。 風の噂で聞いた別解の攻略法とか調べたりと常にアンテナを張っている。 なんだかんだと、 初心者だったときの初イベも完走できたし、現在甲25だし、いまのところ上手く行っている。 いちおう、基準は決めていて、 E5攻略のために、○日までにE4攻略できなければE4の難易度を下げる。とか意地を張るラインは決めています。 ●備蓄資源8~10万って、微妙じゃないですか? 燃弾鋼は一日1440回復します。 イベント期間が40日あれば、1440×40=57600 イベント中に自然回復分として5万以上回復するのです。 初期値30750でスタートしたとして、イベント期間中、常に自然回復を活用できる状況にあれば、 30750+57600=88350の資源を活用できます。これに遠征で稼ぐ分が追加されますね。 これって、備蓄資源8万と等価ではないですか? なので私の意見としては、 ・中途半端に数万貯めるくらいなら自然回復を活用しろ。 ・貯めるなら10万以上。8万は半端。 ・そもそも戦力充実してないなら戦力充実が先。 ●イベント中の攻略で資源が足らなくならないの? 情報集めを重要視している。 テキトウな編成を真似て出撃してドロ沼にハマって資源を10万溶かす。というのはとても怖い なのでいろんな編成を見て、気になったら戦闘仕様をwikiで調べ直して、そして自分で考えて、ほぼ最適解の編成で攻略すれば、それほど沼らないものよ。 攻略している時間より、イベント情報を収集している時間のほうが長い。 ●イベント中の掘りで資源が足らなくならないの? それは当然足りない。 でも一日中ずっと艦これ掘りしているわけにもいかないよね。仕事とか用事とかいろいろある。 そして艦これをじっくり触れないときでも、例えば平日昼にスマホで遠征を出し直せる環境であれば、それなりに資源回復できる。 通常や遊撃の1艦隊での掘りであれば、数時間の掘りで減る資源と、一日かけて遠征で稼ぐ資源が、トントンとか微減くらいで済むことが多い。 でも連合艦隊の掘りは、きっついよね。 それはまあ、資源が途切れたら終わりってことにしている。 たいだいイベント最終日に資源3桁に減るまで限界まで掘ってる ●掘れなかったこと 昔は、甲でも丙でも新艦2%だったから、掘れないことはたまにあった。 でも駆逐の新艦だったら、戦力的に必須じゃないし、次々回イベで簡単に掘れたりするから、あまり頑張らなくていいと思っている。 戦力的に重要な掘り艦があったら、駆逐新艦は無視する決断をすることもある。(そういうときに限って攻略中に出る) とりあえず攻略を最優先で、クリア後に新艦を掘ることが多い。 最近は、丙2%でも甲5%とか確率を上げているから、新艦5%もあれば、ちょっとがんばればだいたい掘れるので、最近は新艦は取れている。 有用艦の2隻目3隻目は、それなりに確率絞られているから、ちょっときついのよね。 掘れた:ネルソン2隻目 日進3隻目、アイオワ3隻目、イントレ3隻目 掘れず:サブアトランタ でも有用艦の1隻目は、かなり確率ゆるくしてもらっているから、それなりに運営優しいと思うよ。 ●掘りに大事な物 掘るための資源がって話になるけど、確実にSやA勝利できる戦力がそろってなきゃ話にならなくないですか? 丙まで難易度落として安定して勝てないんなら、資源貯めててもしょうがないでしょ。 チャンスがあったときに、安定してS/A勝利取れる戦力を確保することが最優先なのでは。 資源だけあっても、 「ボスになかなか到達できない」 「(難易度が低いので)S勝利限定なのに、A勝利敗北してしまう」 そんな浪費してる状況じゃ資源だけ貯めてあっても意味ないでしょ。 ●掘りに大事な物 個人的な意見として、 「艦を掘る」より「高難易度の報酬」を優先。 艦はまた一年後とかに掘れる機会が多分来るが(来ないこともあるが)、装備はその時に取らないとチャンスは無い。 無理してでも高難易度の装備を取っておけば、 その装備を使って掘りや攻略に活かせる。 装備的に強くなったほうが、長期的視点では強くなる。 明日の掘りのために今日無理して甲で攻略するんだ。 「艦」よりも、「艦を掘る道具」を優先。 という考え方でいます。 例えば隼64とか、一度取り逃すと延々と戦力に影響が出る。 数年後に同等性能品(台南空とか)を入手できるまで、延々と戦力的に痛手になる。 だから難易度の報酬装備は無理してでも取っておいたほうがいい派。 (一般的には、丙や丁で艦をコレクションできれば満足という人が多いらしいので、自分は少数派らしい) 今回のイベントであれば、ちょっとの無理して取れるのならB25取りに行きたいよね。 ●ほかいろいろ思ったこと 矢矧ってわざわざ掘りに行くもの? 最低値大型建造で、まるゆのハズレで出てくるものだと思ってた。 まず出撃しなきゃ強くなれないわ。比較的 暇な週だったら東方もやるとか。 5-5以外の、とりあえず4-5までは手を出しやすいと思うがどうなのか。 まとまってないし、脱線している話もあるし、 まあ他の回答者さんと逆の立場として、どこか参考になればいいです。 本来の質問なんだっけ? とりあえず、 ・46cm砲と32号電探とか96陸攻などの数を揃えるまでは備蓄は早い。 ・見張員で緩和されたとはいえ、やはり「運」は上げておきたい。 戦力が充実するまでは、 「自然回復で得られる資源までも、艦隊強化につぎ込む」という考え方でいたほうがいいように思います。 私も、 ・運を上げたい艦が、まだまだたくさんいる。 ・46cm砲が、改修餌としてあと100本以上必要らしい ・大和の3隻目と4隻目を建造したい(重/改二/改/未改造それぞれでケッコンしたい)(でも大和4隻目なんてDROPしないから自力で建造するしかないだろう) などの艦隊強化案件が終わるまで、自然回復の一日1440を無駄にするわけにはいかないのです。 だから私は自然回復上限を超えてしまい自然回復分を受け取れない、そんな勿体ないことはできないのです。 なので私は自然回復教をこれからも続けます。 ___ここから下は読まなくてもいいです___ ●私のプロフィール 自然回復教。 最近、「資材は2万でじゅうぶんなのよ」というネタに走るようになった。→画像参照 ランカー無理。他のことをかなり犠牲にしなきゃあんなの無理。 クオータリー任務を集中させて3ヶ月に1回だけ3郡ランカー ネジは買わない。改修は一日一回。イベント中にどうしても欲しい装備があった場合はその限りではない。 でも母港枠と指輪と家具職人と増設穴は普通に買う。 ●私の初イベ 2014年7月着任。8月が初イベ。 攻略サイトの過去イベントのページを見て、「ああ、イベントではいろんな装備や艦種が必要になるんだ」と予習した。 そして限られた時間と資源でどれだけのことができるか、通常海域では使わない装備も作り、いろいろ準備してきた。 着任1ヶ月たって、初イベ イベントの新システムとして、 「連合艦隊」←え?12隻もいるの?艦たりないよ。空母3隻しかないのに攻略サイトは空母4隻で組めと申すか。 「いわゆる御札」←え!? E1E2に出撃した艦は、ほかの海域に出せないの? 当時は「難易度システムで丙にしたら御札関係なくなる」という仕様は存在しなくて、 新人だろうとなんだろうと、E1E2に出撃したら、他の海域に出せなかった。抜け道は無い。 DROPした艦を育てたりして、なんとかE5までクリア。 最後のE6に出せる艦なんてもう無い。 でもイベント最終日まで2週間ほどあったから、レベル20くらいの艦をかき集めて10日間ほどレベリング。 大井北上千歳千代田をLv50まで育てて改二にして、ダメ元でチャレンジしてたら、なぜか初イベ完走できた。 ●私の初甲勲章 2014年7月着任。冬イベで新しく「難易度選択」が実装 (文字数オーバーのため途中割愛) きつかった。この日で駄目なら乙に落とすつもりだった。 自分にとっての最難関の甲勲章。まあ着任半年だからね。 ●最近は 基地航空隊の装備の入手が、新人さんにはネックで、初イベ完走とか乙甲挑戦がきつい状況なのは理解しています。 でも「やる」と決めて「調べて」戦力を整えて、少しずつでも挑戦していくしかないと思います。

画像

1人がナイス!しています

大変詳しく、参考になる意見をいただきありがとうございます! 自然回復派の方の意見もいただけて、メリットデメリットがかなりみえてきました。 自分の場合、半端に備蓄していたせいで、 ・イベ艦を掘り散らかしたり、試行回数で高難易度に上げるほどの備蓄ではない。 ・そのくせ、資源の数字が減ることにビビり、各種の艦隊強化に注ぐリソースをケチる という、中途半端な一番よくないやり方をしていたように思います。 いきなり全乙を目指したり、新艦を全部掘ったり、という突拍子もないビジョンを持っているわけではなく、逆にいえば、飛躍に繋がるイベントの要所(高難易度報酬・ドロ艦)だけでも抑えることで、日々の艦隊強化にリソースを割きつつも、イベントでの資源消費も現実的な範囲で行うことができるように考えることができました。

0

私の私見で恐縮ですが。 私は資源と艦の練度はトレードオフの関係にあると考えています。資源がなければレベリングはできないってことです。まぁ当たり前の話ですよねww。 で、どこでレベリングするかって話ですが、私はイベントでの掘りがメインのレベリングとして運用しています。うちのネルソンなんて一回も演習出したことありませんが、イベントだけで戦艦勢のトップの練度です。 提督歴一年未満の新規勢は基本的にイベントでどれだけレア艦を掘れるかが今後の艦隊運営に大きな影響を与えると思います。(一年やってて新規勢って変な話ですが)。 なんでかと言えば、特効システムがあるから。 艦これにおいて大事なのは艦のレベルよりも「その艦を持っているかどうか」がヒッジョーーーに大事なんです。甲に挑む提督であってもレベル1でイベントに投入することって結構珍しくないんです。 特に特殊能力持ちの艦はその傾向が強いです。前回のイベントでみんなアトランタを血眼で掘りまくったのはそれが原因。持っているか持っていないかで攻略難易度が劇的に変わります。 そういった意味でイベントの掘りをするって意味で資源は沢山ほしいです。 一隻掘るだけで燃料10万消し飛ぶってことはよくあること。私は前回のイベントで掘りだけで燃料20万は使いましたね。甲攻略はしないので攻略自体では10万使ったかな?って程度ですが。 攻略に絶対必要な艦ってのは少ないんですが、ドロップがあったら絶対取っておきたい艦はかなり存在します。 例えばネルソン、アトランタ、フレッチャー、タシュケント、ジャービス、日進、サラトガ、アイオワ、イントレピット、プリンツオイゲン、秋津洲、大和、武蔵あたりは熟練提督でも複数所持したいので全力で掘りに行きます。 でもこの辺りの激レア艦は連合艦隊出撃海域でしかドロップしないので一周あたりのコストはエライことになります。一出撃で燃料1000くらいは平気で飛んでいきます。 なので持っていないレア艦は全力で取りに行きたいところなんですが、今後高難易度海域を攻略したい場合は装備も大切です。 特に海域突破報酬は基本的に破格の性能ですので、可能な限り乙以上で臨みたいところ。この辺は掘りとの兼ね合いですがね。一年以内は掘り優先でいいと思います。 となるとやっぱり燃料20万は持ってイベントに臨みたいですね。 本題とは関係ないですが、恒常任務は大切です。単発やクォータリー、イヤーリー任務は報酬も美味しいので積極的に消化したいです。 また、マンスリーもネジが美味しいので積極的に消化したいです。 ウィークリーは東方とろ号はあんまりうま味はないですが、一部マンスリー任務の前提任務になっていますので、月初めだけ消化がおススメです。 デイリーは補給艦任務以降はうま味が少ないのでやる意味あんまりないのですが、潜水艦が育ってきたら気楽にできるのでそれからでいいと思います。

ひじょーーーに分かりやすい解説を頂いてありがとうございます。 おっしゃる通り、挙げていただいた艦の中だと、アトランタ・フレッチャー・日進・iowa・プリンツ・大和型が未所持で、特にアトランタとフレッチャーに関しては、性能面も勿論、装備面考慮して、何としてでも入手しないといけない存在だと意識しています。 考えてみれば、レア艦掘り=艦自体の性能もさることながら、同時にレア装備の入手や任務トリガーとしての側面も大きいので、艦隊強化の面で手っ取り早いということを認識できました。 確かに、前回、矢矧を掘った際、丁難易度でしたがかなり資源を費やした記憶があります。 イベントドロップの獲得を視野に入れ、備蓄しておこうと思います。 多くの先輩提督の方が、20万30万と貯めてらっしゃるのは、見栄えの問題ではなく、やはりきちんとした理由があるのですね(;。;)

0

提督の運営方針なので、お好きにどうぞという感じなのですが >恒常的なまるゆ掘りが困難 最低値の大型建造でまるゆと阿賀野型、三隈が出るので デイリー大型建造自体はおすすめ 自然回復は、私の場合だと30,750 甲でもクリア自体は可能ですが 堀が力尽きますね。 アドバイスとしては、改造にも弾薬と鉄が必要です。 暫く先の話にはなりますが、長門改二、陸奥改二は設計図+ 弾薬8800、鋼材9200 大和改二にいたっては、弾薬9900、鋼材9800 イベント前に、サブの長陸奥 一昨日、大和改二と改二重を作ってたので 弾薬37400、鋼材38000消費、これだけで自然回復分消えます。 *極端な例ですが あとは、大型砲の改修で46cm砲と、電探開発するようになると 万単位で資源が溶けていくので 改修を考えると、あまり現実的ではないですね。 というか、私には無理です。

画像

以前、他の質問でも回答を頂きましたが、今回も詳しく教えていただき本当にありがとうございます。 掘りを考慮したらキツいという指摘をいただき、方針が定まりました。 また、仰るように、重量艦勢が設計図待ちで、かなりつっかえている状態でして、それらの改装時期になったら、割とまとめて資材が消えるというのも、現実逃避してましたがリスキーなことを実感しました。 それと、改修と両立する気でいましたが、改修もモノによっては、かなり資源を要求されるのを完全に忘れてました。 デイリー建造で1日1回ほどの大型最低値を入れて、掘りを視野に備蓄していく方向なら、現実的に両立できそうなイメージがつくので、そういった方向でやっていこうと思います。 ありがとうございます!