『岩手の民家「曲り屋」には三世代が同居していたため、夫婦が使用する寝室である「ねま」(またはねべや)は3つ以上あるのが一般的である。』

日本語37閲覧

ベストアンサー

0