回答(1件)

0

なぜ生まれてきたのか判らないってことはそれを知るために生きているんだと思う。 死は無に帰すことです。般若心経の中に無という字がいっぱい出てきて生や有という字は出てきません。 それは無の反対だからと村の寺の住職が言っていました。 無に帰すことがないように生きるんです。 般若心経を読んでみたら・・・ テレビの番組に十人のお坊さんというのがありました。仏教の宗派の違うお坊さんの質問への答えを述べるものでした。仏教って生きるための知識をいっぱい教えているんです。 私は般若心経は哲学だと思います。