特殊相対性理論の速度合成式の質問です。

補足

アインシュタインが書いたとされる? 速度合成式U=(v+w)/(1+vw/c^2)では各時空においてそれぞれが光速度不変の原理に反するゆえ下記の例の通りバクを修正したうえ特殊相対性理論をアップデートする。 この修正が間違いなら遠慮なく間違いを指摘した上で回答して頂きたい。 例 たとえば0.8cの宇宙船から0.8cのミサイルを飛ばした場合の地球の観測者が観測するミサイルの速度は0.8c+0.8c=1.6cでなくローレンツ変換で時空変換した上で速度を計算する。 地球をA、宇宙船B、ミサイルCとすれば ローレンツ変換により A:B=1:0.6 B:C=1:0.6の比例式となる。 まとめるとA:B:C=1:0.6:0.36であるから Cをxとしてローレンツ変換からxを求めれば地球から観測するミサイルの速度が計算できる。 0.36=√(1−x^2) (0.36^2)=1−x^2 x^2=1−(0.36^2) x^2=0.8704 x=√0.8704 x=0.932952 地球から観測するミサイルの速度は0.933cである。

物理学 | 天文、宇宙707閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

>合成速度0.9756cはローレンツ変換に基づいて計算された値であり、 どうローレンツ変換に基づいて計算した値なのか? >これらの式のA,B,Cとは何を基準にした何の値かを確認してください。 単純に宇宙船は地球より1:0.6の割合で時間が遅れ、ミサイルは宇宙船よりさらに1:0.6の割合で時間が遅れる。 という事はミサイルは地球より1:0.36の割合で時間が遅れている事になる。 で、地球からミサイルの時間の遅れをローレンツ変換してミサイルの速度を求めると0.36=√(1−x^)で 0.36^2=1−x^2 x^2=1−0.36^2 x^2=0.8704 x=√0.8704 x=0.93295 x=0.933が導かれミサイルの速度xは 0.933cの値となる。 ミサイルの速度を0.9756cとすると √(1−0.9756^2)=0.21955となり宇宙船とミサイルの時間の遅れが整合しない

ThanksImg質問者からのお礼コメント

時間切れみたいでこのまま終わるのはご不満でしょうから続きの質問をあらたに立ち上げたのでそちらで反論お待ちしております https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14263839119?fr=ios_other

お礼日時:6/25 17:26

その他の回答(4件)

0

双子のパラドックスと同じ問題 昼の12時に兄がロケットで飛んで行って地球の時計で12時間経ったら兄の時計は11時を指していたとします 兄の時計が11時で弟の時計は12時だから 12=11+1 の関係 これが数学 これ相対的ではなく一方側通行の絶対的な関係です 兄が止まってるとすると動いてるのは地球にいる弟だから 兄の時計が11時を指してたら弟の時計は10時頃を指してなきゃおかしいです 12=10 ???? パラドックス=矛盾 です ところが数学的に矛盾してるってわかるでしょって信者に言っても話が通じないんです 回答者Aが兄が動いてる場合のせつめいしまーーす りんくはりまーすってしてから逃げる 当然質問者さんは怒ります すると回答者Bが割り込んできて弟が動いてる場合のせつめい始めてそーすここでーーす。よんでーー って言って そして逃げる 数式で説明してくれって言っても絶対にしません 根性でしません 何があってもしません 命がけの全プライドかけてしません とにかく奴らは文章で説明し数式では説明しません 矛盾を屁理屈と逃走と罵倒と怪文で解決しようとするんです もうそれでいいじゃん

1

> この式はアインシュタインが作った式でしょうか? アインシュタインの原論文の和訳が岩波文庫から出ているので教えてあげたんだけど、「アインシュタインは書いてないのに、和訳した人が勝手に書いた」とか言っているので、ドイツ語の原論文を探してあげました。 http://myweb.rz.uni-augsburg.de/~eckern/adp/history/einstein-papers/1905_17_891-921.pdf ドイツ語は分からなくても、式なら読めるでしょ。P906(PDFの16ページ目)

画像

1人がナイス!しています

この速度合成式では光速度を超える事はないが、各時空においては光速度不変にならないよ。 だから間違い。 光速度不変の原理に基づいて作られた相対性理論がアインシュタイン自ら否定している事になる。

0

Aから見るBの時間と距離は縮んでいるので、それを基準にしたBからCを見る時の時間や距離は足し算になりません

>BからCを見る時の時間や距離は足し算になりません そうだよね。そのままでは無理だよね。 だから地球Aの時空に全ての時空をローレンツ変換して計算するんですよ。

0

よく知られたように、第一論文の重要な概念や結果のほぼすべてが、 すでに提示・導出されていました。アインシュタインの成したことは 光速度不変によって、すべてを導いたことです。 したがって、速度合成も誰かが導いていたと考えるのが自然。 アインシュタインが導いたのは E=mc² だけか?

だからそのボンクラ解説本の式では地球Aから見たミサイルCの速度が0.9756cなんだろう? そのミサイルCの速度が宇宙船B時空から見て0.8cである証明できるんですか? そしてA B C全ての時空で光速度不変を前提とする必要がありますよ。