ID非公開

2022/6/20 0:23

44回答

転職後の養育費の減額について教えてください。 先日協議離婚をしました。 私は娘(1歳)と暮らしています。 離婚の話し合いをしている時、私の年収はパートで約110万円でした。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/22 10:19

ご回答いただきありがとうございます。 私の年収が上がった金額で査定表を見てみると転職前と同じ欄でした。 やはり報告はしないといけないのですね。 話し合いの際に養育費は査定表の1番上の金額を出すと言っていたのに、やっぱり出せないと言われ金額を下げた為、これ以上下がるのは辛いなと思っていた所でした。 今、元旦那に連絡出来る状況ではない為落ち着いた時に連絡しようと思います。

その他の回答(3件)

0

言われただけなら無視でOKですし、裁判所の算定表と照らし合わせてください。 源泉徴収票の提示も必要ありません。あなたが提示するなら、当然相手にも提示させ、相手の増額が認められれば増額させるべき事なんですよ。当事者のみでやるとあなたがやられるのでしょうから、裁判所でやれば良いです。 婚姻費用・養育費算定表【2019年改訂版】 https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/ こちらと照らし合わせて、不足なら養育費請求調停を起こせば良いだけですよ。 養育費請求調停 https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_07/ さっさと調停を申し立てて増額請求した方が良いと思います。今の金額が算定表通りならまだしも、足りないなら増額出来ますよ。公正証書化した場合に限って、状況の変化が無い場合は増額できないでしょうけど、公正証書化していないのなら、増額できます。 今までの養育費に絡む契約は全て法的に無効化できますから、問題にはなりません。 「裁判所を通さない話には応じません」で一蹴して問題なく、怒鳴りつけるなどされた場合は電話なら切れば良いし、押し掛けなら110番通報して警察をお呼びください。警察は折れた者負けでもあるので、あなたが「民事不介入だから」なんて嘘に丸め込まれるようなら何もしませんよ。 いずれにしても、算定表の金額を調べて、足りないなら増額請求して構いません。 ※養育費に絡まない契約内容については無効化の対象外ですが、養育費に絡む契約は無効にできます。公正証書化してあっても、無効化可能です。 ※1番目の回答(0:47)は裁判所では通用しません。基本的に父母の所得と子供の年齢・人数から決めます。

ID非公開

質問者2022/6/22 10:25

ご回答いただきありがとうございます。 裁判所にお願いするのがベストなのでしょうか。 公正証書は作っていません。元旦那は公正証書を作れと言っていますが、私の精神状態が悪くなり公正証書まで手が回っていない状況です。 元旦那から私や私の家族について馬鹿にした内容の連絡が来ています。正直連絡を取る事が苦痛ですが、もし何かを言われた際には教えていただいたように電話を切ったり警察を呼んで対応したいと思います。

1

公正証書はなくただの口約束でしたら無視してもいいですし毎年源泉徴収を見せる義務もありません。 養育費の支払いが止まったり勝手に減額されたりしたら家庭裁判所に養育費請求調停を申し立てすればいいです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/22 10:20

ご回答いただきありがとうございます。 公正証書は作成していません。 元旦那は公正証書を作れと言っているのですが、私の精神状態が悪くなり手続きを行えてません。 支払いが止まった時や勝手に減額された時は家庭裁判所に行こうと思います。

0

養育費はあくまでもお子様の養育費であり、貴方の生活費ではありません。 お子様の養育に必要なお金です。 お子様の食費や雑費、将来の為の貯蓄などが本来の養育費のあるべき姿ですよね。 貴方の努力で年収が上がっても、基本減らされるものではありません。 ただし、貴方や元夫が養育費と生活費をごちゃまぜにしていたなら、お互いに生活費と養育費をきちんと線引きをする必要がありますよ。 例えば高校卒業までに大体幾らかかるか、大学に入学卒業したら幾らかかるか、どういったプランで養育費を考え決めるかですよね。 元夫が養育費を含めた年収が幾ら以上なら養育費は不要と考えるのか。 貴方が生活費は年間これだけ必要で、これだけ養育に足りないという金額は幾らなのか。 ここが合わないと永遠に揉めますよ。

ID非公開

質問者2022/6/22 10:14

ご回答いただき、ありがとうございます。 養育費と生活費を一緒に考えておりました。 話し合いの時に1ヶ月にかかる生活費を出せと言われたので計算した金額を伝えて養育費の金額を決めました。 初めは養育費を査定表の1番上の金額出すと言っていましたが、やっぱり払えないからと言われて査定表より低い金額に決めました。