回答受付が終了しました

ID非公開

2022/6/20 14:32

55回答

震度5強と震度6弱はちがいますよね?

地震106閲覧

回答(5件)

0

震度とは揺れの大きさを合わしていますので違います。 ただ震源地より離れれば影響は小さくなりますので揺れの感じ方も違ってくる。 建物の耐震性などでも揺れ方は違い、あくまでも震度計を設置し計測した地点の震度に過ぎない 因みに大昔は人が揺れの大きさを判断し決めていた。 震度の数字はあまり意識する必要はないと思いますが

震度の階級は大きな地震被害があるたびに階級が見直されてきました。 建物の耐震性基準も同じく地震被害を繰り返し見直され今の精度に至っている。 耐震性基準が今と昔では違い、街の地震対策に対する基準も昔とは違います。 昭和の初めの頃と今では鉄筋コンクリート建造物などあらゆるものが違う、今の環境に合わせて階級も見直され地震に対する基準も変わっているのです。

0

はい、違います。 気象庁の震度階級は「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級になっているので、1階級違います。

ID非公開

質問者2022/6/20 22:33

ありがとうございました。 なぜそんなややこしい階級なんでしょうね?震度4弱とかないの