最近神棚を家に祀ろうと思って 自分で棚から設置し始めてます。 ふと思ったのですが、最近地震が頻発してて 家の家具とか冷蔵庫などを転倒防止対策をしてました。

宗教34閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的に教えていただき助かりました。 他に返信下さった全ての方たちへ 感謝しております。 日本人に生まれて日本に居る事に感謝してます。

お礼日時:7/2 11:54

その他の回答(3件)

1

気になるようでしたら転倒防止の措置を取られるのが良いかと思います。 神棚の詳しいおまつりの仕方はこちらをご覧ください↓ http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html 宇宙空間では冷たい太陽の光が地球の大気に反射することによってはじめて暖かい光になるのと同様に、 人は感謝というものを通じてはじめて神様、ご先祖様から幸せをいただくようになっています。 そこで毎日神様、ご先祖様に「生かされていること」に感謝して 手を合わせるのが大切なことです。

1人がナイス!しています

2

・ジェルタイプは可能です。 ・神棚下の床や畳の上に台や白紙を置き小皿を一時的に捧げるのもOKです。 ・棚上に小さい白紙を置き、1~2g程度の米や塩を捧げるのもよいです。 ・そもそも供物は必須でもないので省略するとか、年末年始だけにするという考えもよろしいです。

画像

2人がナイス!しています

1

最近では募金などして耐震補強や建て直しをする神社が出てきています。しかし多くの神社は経営だけでもキチキチなのでなかなかできません。 どういう意味では家庭の神棚は自分でできるのでどんな方法でも、耐震補強はいい事だと思います。 まぁ。、あまり目立つようなのは見た目が落ちますから、裏で止めるなどでイイと思います。 耐震マットなども良いと思いますが、あれは多くの場合、ある程度の重量が無いと有効ではないと聞いたことがあります。なのでその辺の効き目を確認してやればいいんじゃないですかね。 神棚は昔は座るか立って目線或いは少し上で十分でした。 実は古い家と言っても江戸時代には各家に神棚があったわけじゃありません。多くは長屋の入り口か最奥に稲荷が祀ってあるだけです。古民家園に行ってごらんなさい、それだけの家に神棚があったか確認できるはずです。 明治になってから、あるいは戦後になって神社本庁ができてから急速に増えただけです。 我が家はたまたまちょうどいい壁のへこみがあったので、そこにDIYで設えました。一社式しか入らない幅なので、昔は三社式でしたが今は一社式です。 耐震的には札宮をL自金具で棚板にねじで止めています。

1人がナイス!しています