回答受付が終了しました

なぜ人類は、一妻多夫制にならないのですか? 一妻多夫制の社会が滅びてきたことが原因だと思いますが、なぜ一妻多夫制が持続不可能なのか教えてください。

ヒト | 世界史824閲覧

1人が共感しています

回答(10件)

3

女性は妊娠・出産・授乳期の間おおよそ2年間身動きが取れません。 その間、複数の男が指を咥えてただ次の性交機会を待つと言うのはいかにも不効率です。 他の女性の出産機会も奪われて絶滅まっしぐらでしょう。 結婚という制度自体が農耕社会に依存して生まれたもので、まだ人間は生き物としてその制度に適応できていません。 原始社会ではほとんどの地域が通い婚であり、男と女は別々の場所で暮らし、定期的に男の集団が女性の住居に通う、と言う形をとっていました。 いわゆる乱行ですが、これは女性が「余らない」と言う大きなメリットがあり、父親が確定されないので、子供は男女含めコミューン全体で育て、新生児が同時に大量に生まれるので食料確保の難しい時期を避けて出産することができるなど、個体数を大きくするという観点で見れば非常に合理的でした。 一妻多夫はその真逆で、非合理の極みですね。

3人がナイス!しています

1

女性にとってメリットがなさそうだから。一人でもたいへんなのに多夫の「世話」など真っ平御免という女性がほとんどでは…?

1人がナイス!しています

1

・人間の男女比率が約半々だから ・一夫多妻の世帯で柱となる夫が亡くなったり働けなくなれば多くの妻や子供が苦しむ事になる ・歴史的にも一夫多妻は子供の相続争いが起きるケースが多く。身内で潰し合いする可能性高い ・それに一夫多妻だからと大勢の子供産むとは限らないしメリットが小さい ・一夫多妻の夫の多くは資産を持ってて裕福。彼らから搾取されてる余った男性の方が多くなるので団結し革命起こされれば国が崩壊する危険性すら有る。特に現代じゃ兵器の威力高いので一人のテロ行為で何十人殺害されたり。建物など資産破壊が可能だから団結されると困る。

1人がナイス!しています

1

男性社会ですから、一妻多夫制になりようがない気がします。 どの国も家は男が継ぐという考えでしょうから、その男に奥さんをあてがうイメージです。 家柄の良い御家に女児しか産まれなくても、その女性が出産し男児を産めば、また男子が家を継ぎます。 一妻多夫制では子供が思うように増えませんし、男性社会では嫌煙されます。 男女比が10−1ぐらいになれば もしかしたら必要性を感じて認められるかもしれませんね。

1人がナイス!しています

1

何故何処の民族も父系社会になったのかと言うと農業を出来るようになって、農業生産に関わらない人口を養えるようになったからです。なので社会階層として、貴族と農民、 (奴隷)に分離するようになり貴族は、農業生産に関わらないが、その富は収奪する。その代わりその社会が維持出来るように、 責任を負うようになりました。 社会の維持とは主に大規模農地の保持やその為の土地開発などに人的資源を強制的に分配する事、餓死しそうになっても来年の種もみまで、食べ尽くさないように餓死者が出ても、それを守る事。これらのために文字を読み計算する能力を子弟に教育し、記録を残す事。他の部族からの収奪や農地または、水源地などの争いに勝つ事です。社会維持には 物理的な強制力が伴います。武力で人を従わせる事が必要になるからです。 この社会維持に成功した集団は、より強力になった、力を使って周囲の集団を時に収奪して、時に配下にして、時に従うから仲間にしてくれという事で、どんどん大きくなっていきました。これらから社会維持をするのは、 男性という位置付けが強くなり、守られる側の女性や子供はこれに従うようになりました。農業発達以降世界中で戦争をするようになったので、一部の母系民族以外は皆父系社会となったのです。現在も母系社会を営んでいる民族では通い婚で実質的な一妻多夫制の社会です。

1人がナイス!しています