ID非公開

2022/6/23 7:54

44回答

親が投資詐欺の被害にあい、その際に知人友人に700万円の借金をしてしまいました。 警察へ被害届を提出済みです。

法律相談 | 税金276閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい回答ありがとうございました。 また、その他の方も回答いただきありがとうございました。 今後の行動の参考にさせていただきます。

お礼日時:6/28 8:39

その他の回答(3件)

1
ID非公開

2022/6/23 11:00

親子の場合、借入金の返済能力や返済状況などからみて真に金銭の貸借であると認められる場合には、借入金そのものは贈与にはなりません。 しかし、この場合には親に返済能力がないので贈与になります。 また、実質的に贈与であるにもかかわらず形式上貸借としている場合や「ある時払いの催促なし」ような貸借の場合には、借入金そのものが贈与として取り扱われます。 なので、年110万円ずつ贈与していくしかないのでは。

1人がナイス!しています

ID非公開

2022/6/23 12:59

別居で生計を一にしてなく、年金暮らしの親に対して、子は税法上の「扶養義務者」には当たりません。

1

一旦、無期限無利子で貸した事にすれば良いだけのように思います。で、毎年110万ずつ贈与すれば贈与税は掛かりません。

1人がナイス!しています

1

贈与なら課税対象となります。 また、詐欺による損失は控除対象となりません。

1人がナイス!しています