1958年,第一届中国人民代表大会第五次会议正式批准《现代汉语拼音方案》,此后中国人在将人名、地名翻译成英文时,均使用汉语拼音来写。而在西方国家,威氏拼音则沿用至今。

中国語 | 中国史15閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、誠に有難うございます。 谢谢您

お礼日時:6/28 16:50

その他の回答(2件)

0

1958年、第一回中国人民代表大会第五回会議で『現代漢語拼音方案(中国語ローマ字表記計画)』を正式に批准し、その後中国人は人名、地名を英文に翻訳する時には、中国語拼音(ピンイン)を使用して書いた。しかし西洋諸国では、ウェード式表音法を現在も沿用している。 外国人の著作が中国の人名、地名に言及する時、大多数は(現在)使われている中国語拼音ではなく、かつて採用して長期に使用したウェード式表音を依然採用している。実際、『現代漢語拼音方案』もまたラテン文字の中国語注音を採用し、この点では「ウェード式表音」と一致している。今日では、ウェード式表音は大陸では広範には使用されていないが、しかしながら北京大学、清華大学、中山大学、蘇州大学等の歴史悠久の有名大学では依然ウェード式表音の英文校名を使用しており、多くの近代以来国内外でよく知られているブランド商標、例えば煙台張裕ワイン、貴州茅台、ハルビンビールなど、商標の改変による不便を避けるために、旧のままウェード式表音を引き続き使用している。

0

1958年、第1回全国人民代表大会で「現代の羽生拼音スキーム」が正式に承認されて以来、中国人は人の名前や地名を英語に翻訳する際に羽生拼音を使用してきました。西洋諸国では、WeishiPinyinは現在も使用されています。 外国人の書物が中国の名前や地名に言及している場合、それらのほとんどは、習慣的に使用されている羽生拼音ではなく、長い間使用されてきたウィトマスタイルの拼音を使用しています。実際、「現代羽生拼音スキーム」は、「魏石拼音」と一致するラテンアルファベットの中国語音声アルファベットも採用しています。 現在、中国本土ではワイス・ピニンは広く使われていませんが、北京大学、清華大学、孫燕泉大学、スーチョウ大学など、歴史のある有名な大学では、英語の学校名であるワイスが使われています。音声アルファベット。それらの多くは、現代から国内外でよく知られています。たとえば、商標を変更することによる不便を避けるために、Yantai Changyu Wine、Kweichow Moutai、HarbinBeerなど。WeishiPinyinまだ使用されています。