2つ質問させて下さい。関ヶ原の陣形が仮に通説の通りだとして、

日本史230閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

仮に質問者さんのIFが全て実際に起きるのであれば、西軍が勝利する可能性は高いでしょう。合戦には流れがあるので、これだけ有利な条件がそろってしまうと、東軍の中に西軍への内応者が出たり、早くに陣が崩壊したりといった事例が起きるからです。ゲームであれば周りがやられても、士気100で1万の兵を強い武将が率いていればその部隊は無傷で士気も落ちずに継戦能力を維持したままでいたりもします(最近のものは味方が崩れると士気が落ちるものも多いですが)が、実際にはそうはいきませんので流れが悪い中で徳川本隊がそこから逆襲するというのは難しいでしょうし、家康も無理な戦を継続せず兵を退いて態勢を整えるなどするでしょう。どんな条件が発生しても徳川が勝つなんてことはありません。もちろん、質問者さんの条件がかなり西軍に都合の良いものだからなのですが。 >その後西軍は勝てば官軍の理屈で淀殿に認められ徳川に対して有利な和睦条件に持ち込めましたか? 西軍が挙兵して豊臣奉行衆が内府違いの条々を発して以後は西軍が表向きは公儀軍であり(白峰旬氏)、上方では「秀頼様衆」と「内府衆」の戦闘と認識されていました(義演准后日記)。家康は軍事的な勝利によってそれを覆したのであって、敗北した場合はそのまま豊臣への反逆とされたままだと思われます。西軍が勝利して上方を制圧してしまうと、当然ながら全国の東軍勢力も西軍になびきます。家康が関ヶ原勝利後に上杉や毛利を徹底的に滅ぼすようなことをしなかったように和睦交渉へ進みますが、家康は自前の軍事力が大きいため、例えば家康を隠居させるだけで所領は安堵するなど、豊臣側もかなり譲歩した条件での和睦になるのではないでしょうか。戦闘経過次第ですが、おそらく徳川はかなりの戦力を温存して豊臣と微妙な関係となるので、政権は不安定さを残したままになりそうです。 ちなみに、関ヶ原の布陣図が虚構だったという説は白峰旬氏などが唱えて一般書にも載っているので広まりましたが、論文では小池絵千花氏、藤本正行氏がこの新説に疑問を投げ掛けています。

3

「西軍」なんて組織は、存在しません。 関ヶ原の「東軍」「西軍」というのが総大将の号令で組織的に動く「軍隊」であるかのようにイメージしたら本質が見えません。 東軍も西軍も、それぞれの大名は自分の意志で勝手に動いていたのです。 石田三成は他の軍勢に命令する権限も能力も。ありません。作戦を「提案」「御願い」をするだけであり、それに従ってくれるという義務も保障もありません。 石田三成が「自分の軍」だと思っていた「味方」の大名たちは、実際のところ、「どうやって自分が生き残るか」を必死に考えていただけで、「どうやったら西軍が勝つか」なんて考えてる人間は、正直、三成以外は数えるほどしかいなかった、と言っていいでしょう。 関ヶ原は「豊臣方」対「徳川方」の戦いではなく、豊臣政権内のトップ争い、ということに、表向きはなっています。つまり、秀頼を補佐して天下を治めるには誰が相応しいか、という「選挙戦」なんです だから、この戦いの本質は、「石田三成と、徳川家康と、どっちが味方をたくさん集められるか」ということであって、戦術とか戦略とかではないんです。「投票日」つまり関が原の決戦の日に、自分に投票した有権者(大名)が多いほうが、勝ち。これは、そういうルールのゲームなんです。 戦いに参加している大名、武将は、みんな豊臣家の家臣であり、その限りではみんな対等で独立した存在です。毛利輝元や石田三成の家来でもなければ、徳川家康の家来でもありません。「豊臣家の大老(=日本国の首相)に相応しいと思うほうに、自主的に味方をしている」、つまり「自分の一票を持っている」のです。 自主的に味方しているのだから、途中で自主的に考えを変えるヤツもいるでしょう。それは「裏切り」とはいいません。 誰もが、自分が生き残るためには、どう振舞うか、どちらについて戦うか、自分の責任で決めなければいけない。ここで判断を誤れば、自分が死ぬだけでなく、家来も家族も路頭に迷うのです。 だから、関が原に布陣したあとでさえ、さあ、これからどうするか、って、それぞれ必死に考えてるんです。 もし石田三成が「自分は、西軍というものを組織して、関が原に決戦をしにやってきた」と考えていたなら、その時点で負けです。だって、西軍なんて、石田三成の頭の中にしか存在しない「幻想」に過ぎないのですから。 石田三成は「票読み」を間違えたんです。「オマエに投票するよ」って、お付き合いで口先だけ言ってたやつを、全員「投票日には、オレの名前を書くに違いない」って計算していた。残念ながら、最初から勝ち目はありません。 じゃあ、どうして石田三成にみんな投票しなかったのか。 私は、「豊臣政治の継承」を訴えた三成の基本政策が、受け入れられなかったかったから、というのが本質だと考えます。 尊敬する秀吉公の政治を忠実に継承します、という石田三成に「それは、もう、ついていけないよ」とみんなが拒否反応を示したんです。 秀吉の政治はダメだった。チェンジしてくれる新しいリーダーが求められていた。だから「徳川新党」に民意がナダレを打って流れた。それが関が原です。 石田三成は、「ダメだった前政権で幹事長だった男」です。そいつが次の首相になりますって言っても、そんな党は選挙で勝ち目はない。これが「歴史の流れ」というヤツです。 現場の作戦がどうのこうので歴史が動くことは、まずありません。勝つべきほうに、人が雪崩を打って動くのです。 小早川が家康に「内応」していた、という言い方が、そもそも誤りです。小早川はすでに、松尾山に最初にいた部隊を強引に追い出して陣を張っています。その時点ですでに石田方に対して敵対行為を取っているのだから、「開戦前に、家康方としての旗幟を鮮明にしていた」と言えます。 小早川が家康に敵対行動をとる可能性が1パーセントでもあるなら、家康は関ヶ原まで出てきません。

3人がナイス!しています

0

机上の空論。 そもそものしくじりは、主人その人より、家来の大半が、身勝手な本家毛利に反抗的な小早川軍を見せしめめいた前線に配置したことで最初から、作戦負けです。 誰より意気が高く、戦闘能力もある大谷隊の近くに置くなど、バカもいいところです。

1

>関ヶ原の陣形が仮に通説の通りだとして、 よく耳にする小早川が家康に内応せず、大谷隊でなく藤堂京極隊に襲いかかって崩壊させていたら、東軍に動揺が走り、西軍の士気が上がり流れが変わり、徳川勢を筆頭に東軍を敗走させることができたと思いますか? 通説通りだとしても家康本隊3万はほぼ戦闘していないので、その3万が戦闘に加われば単純に数の勝負になりますから無理だと思います 西軍の敗因は秀吉生前に遡ってもちょっと無理だと思いますので >仮に東軍を一時敗走せしめたとして その後西軍は勝てば官軍の理屈で淀殿に認められ徳川に対して有利な和睦条件に持ち込めましたか?(家康を減封し徳川の勢力を削るなど) 家康が生きていれば無理なのではないでしょうか そもそも家康は秀吉が後ろ盾の弱い秀頼+淀殿の為に用意した政権最大の大名+秀吉の義弟+淀殿の妹の舅+αなので 淀殿がまったく他人の西軍を家康よりも信用する理由もありませんし

1人がナイス!しています

0

西軍諸将も、勝ち目なく戦いはしないでしょうから、その時々の展望を知りたいと思います。本戦で島津隊は動けなかったのであって、その時点で負けを読んでいたでしょう。家来には近江に縁のある高島、伊勢、田中などもいたので、逃走経路も念頭に置いていたでしょう。もしかしたら、関ヶ原の反対側で会えるよう、最初から長束隊や長宗我部隊と連絡をとっていたかも?先祖の田中氏は、京極隊、朽木隊とは戦わなかったようです。田中吉政隊とも戦わなかった?主のために連絡をとるなどということができるのか、偶然なのか、どうなんでしょう?もし勝機があったら、そこに小ながらも全力を投入するつもりも、島津義弘公にはあったかな?などと個人的には想像します。