日本の家族が、絆が浅いというわけではありませんが、 アメリカの家族は、絆が深いイメージがあります。 アメリカ人は、なにより家族を大切にするイメージです。 これは当たっていますか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとう!

お礼日時:6/30 19:13

その他の回答(2件)

0

アメリカ在住です。 アメリカの多くの家族は家族で一緒に過ごす時間を大切にします。 感謝祭、クリスマスが一番重要でそれにつづいて、イースター、独立記念日、母の日、父の日、それぞれの誕生日などはできるだけ一緒に時間を過ごそうとします。 それは子供が独立してからも変わらないです。そしておじいちゃんおばあちゃんたちの誕生日も大切にします。 そして、親子間、兄弟間でひっきりなしにアイラブユーを言い続けます。兄弟は仲良くしなくてはいけないと教えます。 ただ、そうでない家庭もたくさんあります。ドラッグ問題もありますし、離婚も多いですし。なので、理想はそうだけれでも、実際はそうではなくなっているという家族もおおいです。 日本も昔はアメリカの家庭に近い感じではなかったでしょうか。今も田舎の方ではアメリカの家族観に近いものがあるように思います。 私の個人的な印象では、日本人は子供の誕生日は必死で祝うのに、おじいちゃんおばあちゃんの誕生日はないがしろというような家庭が多いように思います。子供は祝ってもらうこと、特別扱いされることになれていますが、子供に「今日はおじいちゃんの誕生日だから何かしようね」とかいうようなことを親は言わない。帰国した時に不思議だな、アメリカと違うなと思ったことがあります。

1

大半の人が家庭が一番ですし、なにより最優先しますよ。 仕事をするのも家族を支えるためです。 職場のイベントも夫婦同伴だったり、家族で参加できるものが たくさんあります。 家族の考え方で日本と大きく違うのは、キリスト教やユダヤ教の 家庭では、教義に則って夫/父親が一家のリーダーです。 日本のようなかかあ天下とか、お父さんを邪魔者扱いをすれば 離婚は避けられないですね。 でも穏やかで愛情あふれた家庭ばかりではなく、中には CPS に通報 されて、こどもを保護される親もいますし、家庭不和で精神的な病気 になる方もいます。 離婚している家庭もたくさんありますし、本当にいろいろですよ。

1人がナイス!しています