EOS R5とかα1って画素数高めですが 高画素機にありがちなデメリットを上手く押さえ込むことができたモデルですか? 両機種とも結構お高いので あれでダメダメってありえないと思うんですが。

その他の回答(2件)

0

高画素だから駄目と言うことではなく、それを扱えるスキルがあるかです。 画素数が大きくなれば画像の容量も大きくなりそれを見たり加工したりするにはそれなりのパソコンなどの性能が必要となります。 画素数イコール高画質と思っている素人さんが多いのは、カメラを売ろうとしているメーカーの宣伝が間違っていたことです。 要は、撮影者が必要とするスペックがどの程度なのかですが、素人さんにはそれすら分からないことです。 一般的に2000万画素あれば殆ど要望に対応出来ます。 画素数は撮った写真(画像)をどう使うかの問題であり、撮影自体に影響するものではありません。 しかし、高画素機は高感度耐性が弱いのは間違いなく、暗所での手持ち撮影などなら2000万画素機の方が適しています。 逆に、低画素機で撮影された画像はトリミングや拡大再生に向いていません。 要は、貴方が何をどう撮りたいかとどう使うかです。

5000×3333で保存したい(一枚一枚のピクセル数が違うのは嫌)という場合、 2000万画素機ではほぼ撮って出しでいいでしょうが 焦点距離足りず泣く泣く遠くから撮るケースは多々あります。 そうなるとトリミングですが3000×2000で切り出したあと。 例の「ピクセル数合わせたい」ということで5000×3333に引き伸ばすわけです。 めっちゃボヤケますね。 2000万画素機では足りませんよ? これが4500万画素機だと トリミングで5000×3333を切り出すから引き伸ばさずに済みます。 ボヤケませんね。 これでも2000万画素で十分と言えますか? 昔から言われてきたセオリーに固執していてはだめでしょう。笑 この先、 写真趣味の人のPCモニターが8kとかになるのを見据え、 今から高ピクセルで保存していこうという先見の明がある人は 2000万画素で十分なんて考え方は滑稽に思うでしょう

0

ありがちなデメリットって何でしょうか。 高画素になればメリットもデメリットもあると思います。