日本軍は真珠湾攻撃をしましたがどうして戦艦を戦闘機でやっつけようと思ったのでしょうか

日本史 | ミリタリー321閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何度も回答ありがとうございます 他の方もありがとうございます

お礼日時:7/6 22:31

その他の回答(13件)

0

戦闘機で十分戦艦を破壊可能だからです。 あとは戦艦って結構遅いので、船でちんたら真珠湾に近づいたら攻撃されてしまい、奇襲の意味がないからです、

1
ID非公開

2022/6/29 14:25

戦艦を伴って堂々とハワイに進軍していったら、勝ったとしても相当の被害が出ると思ったからでしょうか? 戦後世代の立場でいうと、サプライズアタックよりも戦艦大和を先頭に堂々正面突破で開戦してほしかった。

1人がナイス!しています

0

戦闘機じゃないですよ。戦艦を葬ったのはゼロ戦じゃなく爆弾や魚雷を抱いた攻撃機です。戦闘機は攻撃部隊の護衛です。 戦闘機だけじゃ駆逐艦ですら沈められません。

0

1機で1個の魚雷より機関銃で蜂の巣にした方が良かったからです。 事実蜂の巣みたいにいっぱい穴が開き、沈んでおります。

0

「やれると思ったから」でしょうね。 要塞化された港を軍艦で攻めるのは難しい。 で、飛行機のなかった時代には湾内に水雷艇を突入させるという作戦もありましたが、飛行機が登場 第一次大戦で複葉機で爆撃ということも試みられたけれど、当時の飛行機では戦果なし。 しかし飛行機の性能がよくなり、第二次大戦初期(まだ日本は参戦していない)、イギリスがイタリアのタラント港を空襲して戦果を挙げたので それをヒントに研究して「飛行機でやれる」という確信を持ったのです。