なぜAのグラフはステップと判断できるのですか?

画像

気象、天気 | 地学44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

遅くなってすいません! 自分は地理Bを選んでいるのでこの方の回答が1番わかりやすいと思いました! 回答ありがとうございました!

お礼日時:7/5 22:19

その他の回答(2件)

0

ステップ気候の特徴は下記のとおりです。 問題のグラフの気温や降水量はこの特徴に該当します。 年間降水量が250mm~500mm。 夏に短い雨季がある。 最暖月の平均温度が10℃以上。 特に、年間降水量が250mm~500mmの場合はステップ気候であると思ってください。

2

決定的な違いは雨量にあります。 そもそもステップ気候は、夜の気温が氷点下を下回ることが多く、ほぼ年中、中緯度高圧帯(亜熱帯高圧帯)に覆われて乾燥しているが、夏だけ熱帯収束帯(赤道付近の、雨がよく降る地帯)が移動してきて少し雨が降りっている気候帯です。つまり、「雨季」があるのです。 一方、亜寒帯は年中一貫して気温が低いのと、一年中高気圧に覆われているため「雨季」と呼ばれる季節がないので年中雨量が同じくらいです。 ということを踏まえてグラフを見ると、 上のグラフは夏だけ雨量が多く、冬の気温と夏の気温が激しくなっているので「ステップ気候」となります。

2人がナイス!しています