何で義時だけ鈴の音が聞こえなかったんでしょうか? 処刑人(善児)と何か関係があるのでしょうか? これからは義時が処刑人(の主)になるんでしょうか? #ファラ・グリフォン #愛

ドラマ | アニメ521閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

一つ思い付きました。 演出の吉田照幸さん、前回京都上洛の夜政子の愚痴を聞く頼朝がふてくされた様子で見ていた手土産の壺がいわゆるファーストガンダムの「マ・クベの壺」だったのは一部でで有名な話。 だとすると「鈴の音」もガンダム最終回の「アムロの声」のオマージュかもしれない。その場合主要登場人物でシーンがあったのに聞こえないのは「カツ・レツ・キッカ」となる。彼らはその後アムロの脱出にみんなの位置を示すことになるわけだが、これを義時に当てはめるなら、この後義時が鎌倉を率いる時に、頼朝の声を聞くような演出に繋がるのかもしれない。

その他の回答(4件)

1

「義時が地蔵に手を合わせていたあの時点で、鈴の音は既に聞いていた」または「頼朝がもう死んでしまうことを直感ながら確信していたために、鈴の音が聞こえなかった」といったところでしょうか? たまに聞く義時による暗殺説は、北条にも義時自身にも頼朝を殺すメリットが全く無いので、今回はなさそうです。

1人がナイス!しています

ちなみに善児は梶原景時の配下ですが、景時にも頼朝を討つ動機がありません(頼朝と景時の関係は良好)ので、善児は今回全くの無関係でしょう。

0

あのラストの鈴の音ですね あれは政子と大江広元、三浦義村を除けば「これから退場していく者」に聞こえた鈴の音だったのかな…と思いました (『死』以外に退場する人物も含む) 政子は退場しませんが、頼朝の妻なので… 大江広元と義村に聞こえた意味はわかりません 「退場する者達」以外にも、「泥沼の粛清劇にかかわり、飲み込まれていく者」にも聞こえたのかもしれません 善児がこれからどうするのかはともかく、今回の鈴の音とは関係はないと思います

1

あれは「事前に本人から遺言を聞いていた」のが大きいと思います。 頼朝の命運が尽きたことを小四郎は予想できていた、っていう演出かなと思いました。(政子も聞いてたけど、さすがに自分の夫なのでそこまで想像したくなかったのかも)

1人がナイス!しています