2023年12月に65歳になります。 2023年6月末に自己都合で再雇用先を退職予定です。 退職後失業給付を申請します。 3か月の待機後10月から基本手当給付を受けます(150日分)

社会保険 | 年金169閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 たぬたぬさんの回答を読んでいて、自分に基本的な認識間違いがあるのではないかと感じましたのでお聞きします >基本手当と特別支給の年金は併給できませんが、手続きは行うこと>ができます。 ↓ 基本手当を受給したら 特別支給の年金がその間もらえず結果的に 減額されてしまうと思っていました。 が、そうではなく基本手当を満額受給した後に年金は(少し遅れて)満額受給できるのでトータルの受給額は変わらないですよと おっしゃっているという認識で間違いないでしょうか

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よく理解できました ありがとうございました

お礼日時:6/29 22:27

その他の回答(1件)

0

64歳迄が基本手当で、65以降に退職したら高齢者求職者給付金ですので同時に貰えません。私も64歳6ヶ月で再雇用を退職しました、ハローワークと年金事務所に行きましたが、年金事務所のアドバイスもあり配偶者加給金と44年特例で年金の方が多いので失業保険を貰わずに年金を貰っています。

回答ありがとうございます 基本手当は年金と重複して受給できない が 高齢者求職者給付金は年金と重複して受給できる と私は認識しているのですがこの認識は間違っているのでしょうか