離婚に伴う不動産の贈与税について 私は13年前に離婚し、妻は家を出て私は現在共有名義の自宅に住んでおります。終活の意味もあり、近々には土地、家屋の名義をすべて私に変更したいと考えております。

税金 | 法律相談59閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しいご回答ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:6/28 6:58

その他の回答(2件)

0

離婚時に相手が一人で財産を持っている状態であれば、当然相手に対して財産分与を請求できます。財産分与の請求は、離婚後にすることも可能です。ただし、いつまでも財産分与請求ができるわけではなく、請求できる期間は離婚後2年以内(民法768条)とされています。 離婚の際の財産分与は、必ず家庭裁判所を通さなければならないわけではなく、当事者間の話し合いで解決できます。当事者間で解決するなら、離婚後2年という期間に拘束されることはありません。お互いが合意していれば、いつでも財産の受け渡しはできます。 ただし、離婚後期間が経過してからの財産分与は、第三者から見ると贈与と区別がつきません。財産分与では本来贈与税は課税されませんが、税金逃れと判断されてしまい、課税されるリスクがあります。 財産分与は、できるだけ離婚後2年以内にすませてしまうのが安心です。