郵便局の道路に面した駐車場に対向車が入り隣に停める時にバックランプが点灯していたのでクラクションを軽く鳴らして過ぎて止める。年配の人で降りたら物凄く言ってきて、やたらと鳴らすんじゃねえよと恫喝された。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

当方は、そのような面倒なご年配の相手をしたくないのでクラクションは使いませんが、質問者さんのようにクラクションの必要性があると思って使うなら、ご年配の人より高圧的に「注意喚起のクラクションです」と伝えます。ただ、街中で鳴らすのは違反行為なので勝気に言葉を返せる人じゃないと難しい。

その他の回答(3件)

2

まぁ、貴方のクラクションが間違ってますね。 元々クラクションは相手に確実に聞こえるよう、どちらかというと不快な音量や音色に設定されています。 鳴らされた相手がイラッとするのはクラクションの設計上当たり前ということです。 また、貴方は危険防止のために鳴らしたつもりでしょうが、そんな事しなくても少し待てば問題無かったはずです。つまりこのクラクションは、貴方の待ち時間を減らすためのものだったということです。 また、クラクションを鳴らしていいのは「危険を防止するためやむを得ない時」なので、待つという他の手段がある以上は法的にもアウトです。 「自分の待ち時間を減らすため、ルールを破って無駄に相手を不快にさせた」程度はどうあれ、相手が怒るのも無理は無いですね。 そもそも貴方が鳴らさずに少し待てば何の問題も無かったのに「そんなに怒ること無い」と返すのは、相手の気持ちを逆撫でするようなものでしょう。先に迷惑掛けたのは貴方なんですから。 あと、シンプルに周りにとっては騒音なので、普通に迷惑です。 ちなみに「軽く鳴らした」というのを免罪符に使う人も多いですが、どんなに短く鳴らしても音量は変わりません。鳴らしてる側は備えられるから問題無いですが、いきなり鳴らされる側は短くても長くてもビックリします。 この辺は鳴らす側と受けての差が非常に大きいので気を付けた方がいいと思います。 待ちの代わりのクラクションは、自分が思ってる以上に相手や周りに迷惑を掛けるので、原則使わないようにしましょう。

2人がナイス!しています

0

「クラクションを軽く鳴らして過ぎて止める。」 ↓ これ普通だと思います。軽く鳴らすって、明らかに合図だとわかりますし。 相手の老人が精神的に病んで被害妄想気味だったから激怒されたのかも。 よくデパ地下のレジでお金を投げて激怒してる老人がいますし。 ちょっと気に食わないと平気で怒り狂う老人、多いですよ。 マナーは間違ってないので気にする必要なし!

相手は動いてない、先読みしたつもりの判断です。相手の為と思ったのですが、違うみたいです、怒鳴り声嫌でした、間違ってないと言ってもらえてよかったです。ただし今後はクラクションしないと思います