回答受付が終了しました

ID非公開

2022/6/29 1:15

88回答

本当は解雇なのに退職届を自己都合として書いてしまいました。

退職 | 法律相談394閲覧

回答(8件)

1

取り消しは可能ですが、強要等が あったことを証明するのは貴方が しなければなりません。メールや 録音等証拠がなければ言った言わ ないになり退職届という証拠が 存在するだけです。 ないのであれば内容証明などで 退職届は強要されたと内容証明 など先方に送付したりしても 正直取り消しが認められるかは 良くて五分五分で微妙だと思います。 いくら強要でも力ずくで書かせる のは難しいと思うので、自身で 退職届を書いて提出したことは 重たいということは自覚しとき ましょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/3 10:46

刑事裁判なら 証拠がなければ 無罪というは、理解できるが 民事裁判では、 どうなんですか? 証拠がなければ 100%敗訴なんですか? もし、そうなら 例えば、カッターナイフを顔に突きつけられて書かされた。でもその証拠がないから 労働者側敗訴なら、 完全犯罪だらけに なってしまいますよね。

0

民法96条に該当する事実が証明できると良いのですが。口頭ですよね。 退職届の取り消しは難しいとは思いますが、会社も怒鳴った事実、退寮手続きの嘘は把握しているはずですので可能性は残っていると思われます。 「退職取消し願い」とでもタイトルを設定して、怒鳴られたこと、退寮手続きの件を書いて不本意で提出した事、を説明して最後に、民法96条による退職届の取り消しを求めます。と結びます。 記載した文章に署名捺印は必須です。 できたらそのコピーを会社に手渡しします。原本は郵送で送りますと言い添えます。原本は配達証明郵便で会社に郵送します。この時自分の手元にもコピーを保存します。 これで会社が取消しを認める可能性がでます。会社が認めなければ労基ないしハロワに手元のコピーを持って行って、取り消しを求めたが断られた旨を伝えられます。実際は解雇ですという説得力も生まれると思います。配達証明の控えも忘れずに。 結果の保証はできかねますが、やってみる価値はあるかと思い提案させて頂きます。

民事裁判についてお答えします。 刑事と違って状況証拠も判断基準となります。 弱い証拠でも重ねれば勝訴は見込めますよ。 手書きのメモ、日記でも証拠になります。 判決は状況を裁判官が判断して決まります。刑事裁判とは異なりますね。 ただ全く証拠がなければ当然勝てません。

0

裁判にすると言う事ならば可能では。 ただ確実に覆せるかは、別物です。