ID非公開

2022/6/29 8:42

44回答

単立宗教法人について質問です。 例えば、単立宗教法人で得度を受けると僧籍はそこの宗派の本山にありますか? それとも単立なのであくまでも、そこの寺院でしか通用しない僧籍という意味でしょうか?

宗教77閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

”単立宗教法人”を包括宗教法人(真言宗など)に属さない独立系の寺での意味で使っているのなら、単立寺院でどんな資格を得ようがそれが包括宗教法人で認められることはないのではないでしょうか。 そもそも僧侶資格なるものは民間資格であり国家資格じゃないですから、誰が僧侶を名乗ろうが、誰が僧侶資格を与えようが自由ではあります。 それでも仏教には長い歴史がありますから、それぞれの国や地域で資格制度が整えられてきましたし、その制度の歴史的変遷もありました。 鑑真和尚の日本渡航の話を聞いたことはありませんか?当時、日本には授戒できる僧侶が居なかった。日本でも授戒が行えるようにと授戒資格を持つ僧侶を日本へ招聘したわけです。当時は日本にもまだ”勝手に授戒はできない”という意識はあった。仏教というのはインドの教主ゴータマ・ブッダから連綿と連なる法統を重視しますから。宗派を立てるのも、勝手に”悟った”と自称するのも戒律違反なんです。(なので宗派は日本にしかないのです。驚きでしょう?) 戦火で授戒僧が絶えた国ではその度に外国から授戒できる僧を招くか、外国へ行って授戒しその伝統を自国へ伝えました。タイもそうだしスリランカもそうです。今のタイでは絶えてしまった尼僧を授戒できるシステムを他国の授戒尼僧を招いて復活させようとしています。今のタイの少ない尼僧はミャンマーか台湾で授戒しています。

0

むしろ、単立寺院なんでその寺が本山です。 そこの僧侶は、正しくは「同系統の宗派の本山で修行した経験がある」だけで、その宗派との関係性は無いので、もちろんその修行した宗派の本山の僧侶になる権限を授ける事はできません。

1

その寺だけ通用するという立場になるのが一般的です。

1人がナイス!しています