ID非公開

2022/6/29 9:09

33回答

陰謀 について。パンデミックやアメリカ大統領選挙など露骨なまでの劇場型事件や変な出来事、政府のおかしな対応、その暴露の目的は何でしょうか??

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/6/29 9:54

そのとおりですね。 日本の陰謀論タレントの元ネタとなっているのがツァイトガイストシリーズだと思います。見ると日本のタレントがどのような意図をもって情報を流しているか、無視しているかも見えてきます。 というか2007には欧米で一般リリースされてる情報を 今さら深刻な顔で伝えてるタレントのうさん臭さがわかります。 しかし一つ疑問なのが巷に出回る都市伝説や陰謀論は 主に米ロックが行った、もしくは行おうとしているものが多いという点です。 しかし日本は主に米ロック支配下なのでそれをロスチャの陰謀だとこじつけている、混ぜこぜにしている場合がほとんです。 いずれにせよ、 911や古くはケネディ暗殺までした米ロックの数々の大犯罪や今後の大量虐殺的計画を暴露してもバランスする勢力とは??

その他の回答(2件)

0
ID非公開

2022/6/29 20:15

世界的共通点は、反政府反官僚主義かな。大統領や政府与党であっても裏を仕切る官僚主領とその仲間業界連合には力が及ばない。のでは

ID非公開

質問者2022/6/30 6:06

官僚主義も偽ユダヤアシュケナージが考えた仕組みですね。 しかしなぜ?官僚たるものが反●なのか? 医学的には、官僚とはたまたま記憶力が特化した発達障碍、二次障碍、反抗挑戦性障碍だからです。 それが記憶力測定偏重のこれも偽ユダが考えた現代学校教育でエリートと評価され東大京大を出て政財界官僚となる。 生まれつき脳に器官的異常があり、精神人格に障碍がある、反抗挑戦性障碍が、現在のとんでもカルト国家を形成したのです。 障碍の原因は近親創刊性遺伝子異常 アシュケナージ ボトルネック で検索 朝鮮 ゲノム 特異性 で検索

0

まあ、話としては単純で、経済成長させるには投資の継続が欠かせないけど、国の中にお金が出回りすぎて投資の効果が薄れてくると経済成長しなくなるので、一旦はお金を回収して株価を少し下げる必要があるんですよ。 それがちょうど10年ごとぐらいに行う必要がある。2010年付近のサブプライムローンとかリーマンショックはそれだよね。2001年にビルに飛行機突っ込ませたのもそれの一環。 ちょうど2000年ごろにサーズでコロナ禍と同じことやろうとしたけど、まだウイルスの開発中で中途半端な結果に終わってしまった。次に2010年ごろにマーズを作ったけど、これも不発。さらに改良して今回2020年に新型コロナとなってそこそこ成功って事だね。 まあ、次は2030年に何かが流行するのは間違いない。 投資を主体にして経済成長させるにはどうしても避けられないイベントだと言う事ですよ。

ID非公開

質問者2022/6/29 9:57

>まあ、話としては単純で、経済成長させるには投資の継続が欠かせないけど、国の中にお金が出回りすぎて投資の効果が薄れてくると経済成長しなくなるので、一旦はお金を回収して株価を少し下げる必要があるんですよ。 →信用創造が成立している限りデフレ下においてはお金を刷るだけで経済は回ります。それはほぼエンドレスです。そうなると新興勢力の台頭と支配層の戦いも永遠です。なので支配層としてはこの今の金融システムをぶっ壊したいわけです。