ID非公開

2022/6/29 23:51

22回答

DTMを始めて半年が過ぎました。 最初に比べれば、覚えた事も成長した事もありますが、まだ素人感が抜けません。 これは曲を作ってくうちに(とにかく数をこなせば)、いつか素人感は抜けますか?

DTM454閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/6/30 12:45

回答ありがとうございます。 DTM4~5年でもそのように感じるんですね。 大きめの海外レーベル!?から声を掛けてもらえるなんで凄いですね!!(なんかそっちの話も気になりますがw) ミックスについて、具体的に教えて下さって有り難いです。次から書いていただいた事を参考にしてやってみたいと思います! トラック数はそこまで多くないと思うのですが、帯域が重なりすぎ?はあると思います。 EQで周波数を整えることはしていましたが、最近やっと他の方の講座やブログを見ていて「もっと思いっきり削ってもいいんだな」と分かりました。 帯域の被りをできるだけ無くすというのも聞いてはいたのですが、やっと意味が分かり実行できた所です。 何度も聴いてみて、現状の自分にできる範囲で納得いくバランスで終了しているのですが、やはり理想のプロっぽさにはまだ遠いです。作曲も含めて、もっと修行を積みたいと思います!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答下さったお2人共、ありがとうございました。 初心者がひとりで考えても行き詰まったりするので、お話を聞けてとても参考になりました! 楽しい気持ちを忘れずに続けて、少しでも小慣れた曲を作れるようになりたいですw また知らず知らずにどこかでお話ししたり、作った曲を聴く機会があるかもしれませんね?!(^^)

お礼日時:6/30 23:46

その他の回答(1件)

0

よくある音圧を音量と勘違いしている状態かと。 DTMで音圧を上げるとは主に、うまく出ていない音域を出していくことをいいます。 大雑把にhigh mid lowがあったとして、歌やピアノでmidとhighが出ていたとしてもベースやバスドラが貧弱だとlowがうまく聞こえません。 これをマスターのボリューム等で無理やり全体を上げるとlowが上手く聞こえる段階ではhighとmidは出すぎているので音が割れます。 なのでマスターではなく各トラックの調整をする必要があります。つまり音圧を上げるのはミックス段階で各楽器に対してやらなくては意味がないです。 他にもベースとバスドラを両方上げると被っている音域がブーストしすぎるので、先にどの音域を何の楽器に任せるかを決め、EQ等を使い担当の音域以外を空ける作業が必要になります。 これはPANにも言えることでボーカルの為に真ん中を空けたりしっかりステレオ感を出したいならPANをきちんと分散させることが必要です。 そもそもその音域に何も鳴っていない場合は上げられないので何かを足すかギターはmid、ピアノはhighを弾くなどします。 ちゃんと調整するのであればAnalyzer、vuメーターでバランスやラウドネスを見たほうがいいです。

ID非公開

質問者2022/6/30 23:19

回答ありがとうございます!! 回答者さんが仰っているような事は、先日の曲作りの際にようやく解ってきたのを感じました。 それでもミックスは難しくて、時間が掛かってしまいます! DAWで聴いてたら「これで良いかな?」と思いエクスポート→スマホに転送し、家のミニコンポで聴いてみたらまた違う印象になります。 (そりゃそうですよね) 聴いて直してを繰り返していると、だんだん自分の感覚が分からなくなってきますね(笑) 音割れしていたのは一瞬だったのですが、その一瞬にいくつかのパートが重なり、大きくなってたようです。 各音量を少し下げたり、そこだけベロシティを気持ち下げたりしたら大丈夫でした。 PANで位置を分散させるのも有効なんですよね。PAN設定を決めるのは結構好きです。 難しいし思い通りにいかないけど、知れた事を試して作品にするのは楽しいですね。