新幹線の函館発って札幌まで開業しない限り需要拡大ってありませんよね? 近隣主要都市の仙台まで 約500キロ これを逆端の鹿児島に置き換えると、 熊本約180キロ、福岡まで約250キロ

鉄道、列車、駅101閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

新幹線の函館発って、新函館北斗~函館にも新幹線車両を直通させると いうことですか?

2

札幌抜きでの函館の需要がまさに現状なので、これ以上の需要拡大は無いと思います。 札幌まで延伸されたなれば、函館-札幌の他、本州-札幌の需要が拡大されるので新幹線単体では黒字化は固いと思います。 函館-札幌では、20年以上前に在来特急が30分の時短改良をした際、鉄道シェアが10%以上伸びた過去があります。新幹線になれば2時間の時短になりますのでシェアはそれ以上伸びるでしょう。 本州に関して最も割合の大きい関東圏に限って見ますと、新幹線は現状の東京-函館での流動で25%以上を取っています。 札幌では新千歳が遠く、東京-札幌では所要時間的に航空利用と肉薄するので、札幌延伸後の新幹線は25%を下る事は無いと考えられます。 また、札幌の需要は国内で1,2を争う羽田-新千歳の航空路線からもわかる通り、母数が函館とは段違いで全国的に見ても需要があります。 九州との比較ですが、九州新幹線で最も使われている区間は博多-熊本で、末端の鹿児島は中核都市レベルで札幌規模の需要は無いでしょう。 北海道では、最も需要の高い都市は札幌で、ここまで利用するとなると北海道新幹線の区間を全て乗り通す事になりますね。 また新青森-札幌は運賃収入的に博多-熊本の3倍程度もあり、九州新幹線よりも条件は良いと考えられます。 少子化によって余剰インフラ削減の課題が挙がる可能性もあるでしょうが、その時に削減すべきは維持費ばかりで需要の低い長大な高速道路や無駄な公共事業等、他にあるかと思われます。 少なくとも需要の大きい部類に入る区間で、更に新幹線の様に移動需要の主軸となり得る所を削減の対象として見るのは、本筋ではないと思います。

2人がナイス!しています

1

札幌開業しても厳しいと思いますよ

1人がナイス!しています