相続税について教えていただけますでしょうか。 相続人は私、姉、兄の3人です。 遺言により、私には生前マンション購入費(相続時精算課税)と生命保険。 残りは全ての兄と姉へ相続されます。

税金80閲覧

ベストアンサー

0

誰がいくら相続税を払うか相続人同士で話し合って決めるというようなことをするのは勝手ですが、他の相続人が払う分を代わりに支払ったら贈与になりますのでご注意を。 私は祖母の相続において孫養子の立場で資産の大部分を相続し、叔母たちには母から代償金という形で渡してもらいました。母の持っていた収益物件を売って相続税と代償金のお金を捻出するという形にしたのですが、私の納める相続税の出所が問題になりかけました。(税理士に質問されました) 実際には自己資金から納税することができていたんで問題なかったんですが、母の資金から納めていたら「借りたという形を整えておかないと贈与と見なされることがある」と助言を受けました。 相続人同士で相続税を支払うためのお金を出し合うのは自由ですが、きちんと「借金」あるいは「代償金」という形にしておかないとまずいです。

その他の回答(2件)

0

もらった分にかかわらずというのは誤りかと。 相続税は財産総額に課税されます。 3人均等に財産を分配すれば均等に税金がかかります。 けど全部キャッシュでない限り綺麗に均等に分けれるなんてことないです。 もらった財産分、税金も分配されます。

0

そうですよ 相続税は3人で誰がいくらもらったかではなく 遺産総額で決まります ただ、納税した金額を3等分するか 全ての評価額を出してそれを3等分するかは 相続人で決めることになりますね