100mや200m級の隕石になるとツァーリボンバも真っ青な威力になりますが、仮にツァーリボンバ級の威力を持った貫通型核ミサイルのような物を打ち込んで、上手いこと隕石内部でタイミングよくドンピシャで炸裂させた場

天文、宇宙66閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど……仮に念には念を入れて5〜10メガトンを使って爆破した場合、放射能は地球のオゾン層バリア?みたいなのでガードされますかね?

お礼日時:7/5 13:17

その他の回答(2件)

0

それをするくらいならば、岩盤を貫通させるエネルギーを軌道変更のエネルギーとした方が良いと思います。 目標の小惑星に背後からゆっくりと接近してドッキング、 ドッキング後にエンジンを最大出力にして加速させます。 衝突ポイントを予定よりも早く通過させてしまいます。

0

小惑星の内部構造が分からないのに貫通するかどうかは神のみぞ知るですな。 小惑星の極近距離で、連続して核爆弾を爆発させ、その反作用を推進力として落下速度を落とす・・・という手法は考えられます。ただし、スーパーコンピュータでそれを計算し、連続して落下のベクトルを変化するような位置に爆破しつづけるのは、不可能と思われます。 後は、ハヤブサの技術で小惑星に軟着陸させて、北と南に核爆弾をセット。同時に爆破させて「地震波を起こさせて隕石を割る」という手法もありかも知れませんが、うまくいくかは(これも神のみぞ知る)ですな。 なんにせよ、一発勝負でしょうし上手くいくか分からないけれども、やらないよりはマシ程度です。