横断歩道で交通事故 というニュースが最近たくさんありますが 横断歩道は何のためにあるのでしょうか ? 歩行者が安全に横断するためにあるんじゃないんですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:7/3 14:19

その他の回答(3件)

1

大半は自動車やオートバイの確認不足による事故が多いと思いますが、歩行者にも安全確認をする義務はありますよ。 だから、私は自分の子供やその友達には、横断歩道の信号が青になっても、直ぐには渡るなと教えています。 横断歩道の信号が青になっても、進入してくる自動車やオートバイがいるからです。

1人がナイス!しています

0

道路交通法2条1項4号に、横断歩道の定義があります。 ーーーーー 道路標識又は道路標示(以下「道路標識等」という。)により歩行者の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。 ーーーーー 道路交通というのは危険が伴うものです。 当然、歩行者が道路を横断する時にもリスクは伴います。 歩行者が横断歩道を横断することは多いので、横断歩道での事故も必然的に多くなってしまうのでしょう。

0

横断歩道は安全に横断するためだと勘違いして左右を見ず飛び出したりするから事故が起こるという警告でもあります。