厚切りジェイソンにWHY日本人は~って言われてて、イライラしてたんですが WHYアメリカ株市場、いや全世界同時株大下落の直前の局面で

お笑い芸人 | 株式243閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

厚切りジェイソンが薦めているのは、ケチに生きて節約して、銀行預金だと利息ゼロで儲かりゃしないから 貯金からつみたてNISA的なものや投資信託に切り替え利率をあげて少しは収益を出そうって 節約人生、けちけち人生のススメであって、はっきり言って真逆なんですけど 日本人の大半て貯金と株(で大儲け)しか知らないんで 「ジェイソンてやつが株を買えと言っている!」になっていてかわいそう

0

質問者さんは極々短期でしか見れてないようなので、投資には向いてないですね。厚切りジェイソンさんに限らず多くの投資家にとっては、現在の相場など下落にすら入りません。一時のコロナショックでやっと暴落と呼べるレベルです。

0

テレビを見ないので、彼の芸は全く知りませんが、日本人の若い人を投資文化に導いた人物として、いづれ歴史に名を残すかも知れませんね。

1

厚切りジェイソンの著書からの抜粋ですが、 「アメリカは国からの公的補助が日本と比較して乏しいので、自分たちで老後の資金をなんとかするという意識が根付いています。」 今後、どれくらい先かはわかりませんが、アメリカ株はまた上がると思っています。 アメリカにとって、株や投資は老後資産形成のために必要な方法だからです。 日本でも今年から高校で、株や投資などの資産形成について学ぶのは、老後資産形成だと思っています。

1人がナイス!しています

1

戦争前までは株価は戻ってきてましたからね。ただ基本的に言っていることは個別株を買うというより、VTIなどのETFに生活に使わないような余分な金額を差し引いて入れて長期で考えるみたいなものなので入るところを間違わなければ結果的には儲かるみたいな話だと思います。下落局面でそれだったのは単にタイミングが悪かっただけとも受け取れますね、そういうところまでの情報は教えてもらってないくらいの情報享受に階層があれば下っ端ということでしょう。ある意味で一般アメリカ男性が日本で知名度つけようとしてる、そんな感じだと思います。

1人がナイス!しています