障害年金の遡及請求の件となります。 現在、事後重症で障害基礎年金2級を受給しています。

年金137閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

※ 遡及請求 障害認定日請求を、障害認定日(原則、初診日から1年6か月経過のとき)から1年経過した日以降に行なうこと。 障害認定日現症の年金用診断書(障害認定日後3か月内の実受診時の障害の現状が示されたもの)と、請求日現症の年金用診断書(請求日前3か月内の実受診時の障害の現状が示されたもので、事後重症請求用でもある)の、計2通を用意する。 その上で「障害認定日請求として審査して下さい。これが通らないときは事後重症請求として審査して下さい。」という旨の申立書・請求事由確認届も添える。 ※ 障害認定日請求 純粋の意味での障害認定日請求は、障害認定日から1年内に障害年金の請求を済ませることをいう。 提出すべき年金用診断書は、障害認定日現症のものだけ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり、ご回答のとおりですよね。的確で分かり安い内容で納得できました。 有り難うございました。

お礼日時:7/3 14:57

その他の回答(3件)

1

>その期間の通院歴なく、診断書は書けないとのことです。診断書に代わるもので身体障がい者手帳の更新の診断書写しなどで申請は可能なんでしょうか? 〇残念ですが不可です。 まず、身体障害者手帳と障害年金は全く別の制度ですから、身体障害者手帳の診断書写しに代えることはできません。 あくまで障害年金用の診断書が必要ですし、その診断書の原本に限られます。 その期間に通院していなければ、障害年金用の診断書は書いて貰えませんから事後重症で申請するしかありません。 これは、どうすることもできません。 そのような理由で事後重症で受給しているのではないですか? 仮に今から遡及請求ができて認定されたとしても、遡れるのは過去5年分だけです。 いつから受給しているのか分かりませんが、申請した時から過去5年分だけですから、既に受給した期間が5年以上なら、遡って貰える分はもうありません。 仮に3年受給しているなら、遡って貰えるのは残り2年分だけという具合です。 過去5年より前の分は時効により消滅しますので平成20年3月からの分が貰える訳ではありません。 同じような理由で遡及請求ができない人も沢山いらっしゃいます。

1人がナイス!しています

3

>その期間の通院歴なく ○この時点で不可能です。診断書は「カルテ」を元に作成しますので診察を受けていない=カルテが存在しないですので不可能です。 >身体障がい者手帳の更新の診断書写しなどで申請は可能なんでしょうか? ○無理です。障害年金の申請用の診断書は定形の書式がありますので、其れ以外は無効です。公的な申請書類にコピーや写しは使えませんし、何年も前の診断書に有効性はありません。

3人がナイス!しています

0

精神障害で遡及をするには障害認定日と直近3ヶ月以内の診断書が必要です。