家庭菜園で採れたきゅうりをもらうのですが種がやたら多いです。スーパーで買うきゅうりは種の存在がほとんど気にならないのですがなぜでしょうか?

家庭菜園 | 料理、食材402閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

収穫時期の違いですね。 家庭菜園では小さいうちに収穫すると勿体ない気がして、スーパーのきゅうりの収穫時期より遅いのでしょう。 1日遅れるだけで全然違ってきます。 家は1回ですが、農家さんは最盛期は朝、夕2回収穫しているかもしれません。

1人がナイス!しています

1

受粉させるとそうなるよ。 やたら訪花昆虫が多い環境で栽培してるか、キュウリの実の着果・肥大に受粉は不要なのを知らずに人工授粉しちゃってるのどっちかじゃないかなー。

1人がナイス!しています

0

種が目立つほどに太らせたものは、酸味がなく、中途半端な甘みが出る。 これが、どちらか、まずい。 これは、スプーンでこさぎ取って、漬物に。 こいつは、漬物には良い。 ぬか漬けは、夏には絶品。 昔の中華料理屋では、酢豚はきゅうりが入っていた。どの店でも。 だんだん、パイナップルなどを使うようになったが。 まあ、取り遅れたきゅうりなのでは。

2

それは「プロとアマの違い」というしかないかも。 スーパーなどで売られる野菜には「厳格な規格」というものがあって、その規格から外れると出荷そのものができないが、家庭菜園ではそんな規格などない。 要するに、スーパーの野菜は「規格に合格した野菜」であって、家庭菜園の野菜のほとんどは「規格に不合格」な野菜なんだよ。 ちなみに、栽培技術や管理は「雲泥の差」と言いたいくらい違うだけ、「収穫時期」にも大きな違いがあるんだよ。 ちなみに、農家の人はこの違いをよく知っているが、敢えて教えないようにしているにで。 いわゆる「企業秘密」と同じなので、教えるわけにはゆかないんだよ。 私はセミプロに近いが、私も教えないよ。 かつては教えた時期もあったが、知り合いの農家の人から「素人に余計なことを教えるな!」と怒られたのでね。

2人がナイス!しています