初めまして。

ベストアンサー

0

詳細なコメント本当にありがとうございます。 今のところですが、30mm F1.4 DC HSM が1番の候補に上がっております!理由としては、広角にしたい際の感動を味わいたいので笑 広角レンズもいっぱいあるですね。。。EF-Sレンズとか調べたりしております。 SIGMA 70-200mm f2.8 とてもお高いですね笑 ですけどaps-c機は望遠が魅力なんですね! ちなみにコメント主様のカメラはaps-c機を使われてるのですか??

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変親身になっていただきありがとうございました。 現状、まずはシグマ30mm F1.4を購入するとは思います! その後、広角レンズ→望遠レンズといった順で買いたいと今は考えてます。ワクワクしますね笑 >「自民党をぶっ壊す!」的にフルサイズミラーレスなどが喧伝される中 秀逸な解答ありがとうございます笑 男は黙って一眼レフだ!という思想です!アホですよね笑 良いカメラライフを、送りたいと思います!

お礼日時:7/6 12:38

その他の回答(12件)

1

最近はスマホなどでも超広角カメラが標準でついていたりしますから、いきなりの超広角でも大丈夫です 未だに広角はフルサイズだの、APS-Cは1.6倍だから広角に弱いと、頭の硬い玄人ぶってる方が良くいますが気にする必要は全く無いです スマホやGoProなどのアクションカメラ系、ドラレコなど一昔前では考えもしなかったような超広角や果ては360°カメラなども当たり前になっており、テレビやYouTube等で良くみると思います またそうしたレンズやカメラではフルサイズセンサーは全く使われない所か、フルサイズおじさんが良くバカにする豆粒センサー(1/2.3)で有ることがほとんどです 何よりAPS-C用と、フルサイズ用の超広角では値段が10倍くらい変わって来ますし、重さも3、4倍くらい変わります 明るさや描写性能がーと言う人もいますが、明るさはカメラの性能がある程度カバーしてくれますし、Canonのような世界的メーカーが今時にへっぽこレンズを作る事はまず無いです あと超広角を買うなら純正がオススメです (純正の)安心感、キットレンズ並みの安さ、小型軽量、今時のパリっとした写りなどコスパが良いです 10-18が2014年に登場で2400万画素のAPS-C機での使用を想定した設計で3000万画素でも不足する事はないと思いますが、対するシグマの10-20 3.5は2009年からで当時は1200-1500万画素の時代、90Dの3000万画素の半分以下の画素数の時代の設計で写りに物足りなさを感じる場合が有ります また純正はステッピングモーターのためAFが速いですが、シグマの超音波モーターは結構もっさりした動きをします

1人がナイス!しています

1

90dってaps-cじゃなかったっけ? そうなると、せっかくの広角レンズも焦点距離1.6倍です。その辺は理解して90dの購入ですか?それであれば、自分が選んだ広角レンズで大丈夫です。 え!焦点距離が1.6倍になって広角レンズで撮れる、外側の美味しい所が無くなっちゃう!って思ったらフルサイズのカメラを検討する必要があります。

1人がナイス!しています

1

私でしたら、SIGMA10-20mmよりEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを買うと思います。 SIGMA 10-20mmは手ぶれ補正機能が無いですので三脚が絶対に必要です。 夜景を撮影しようと思っているのでしたら、三脚は買われると思いますが。 APS-Cと言えども10mmの世界は広いですよ。 少しカメラを下に向けると自分のつま先が写ります。それだけ画角が広く、要らない物が写ります。どれだけ引き算が出来るかに掛かっています。 30mmの単焦点レンズは今は要らないです。 そのレンズを買うのなら、標準ズームレンズを買って下さい。 単焦点レンズは写真のレンズ3本購入してからで良いと思います。 右から EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMです。

画像

1人がナイス!しています

1

取り敢えずレンズは必要なので、何か一個買って撮りながらまた別のレンズが要るのか考えても良いんじゃ無いですか。勘に頼っていけない理屈もないし、趣味なら好きにしたら良いです。 ただ、単に被写体が小さいだけのつまらない風景しか撮れないと思ったら、標準系のズーム買って修行してください。広角は意外に使いこなしが難しいというのは事実だとは思います。

1人がナイス!しています