ID非公開

2022/7/5 1:54

44回答

先日祖母が亡くなりました。

家族関係の悩み | 葬儀125閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 13:09

そうですよね。 自分の気持ちが溢れちゃってました。 そこが大事ですよね。

その他の回答(3件)

1

お疲れさまでした。 頑張ったと思いますし悔しい気持ちは理解します。 ですがまず分骨に関しては主さんがオカシイですよ。 娘である叔母様を差し置いて何を勝手に?と思います。 もしかすると子を差し置いて孫だけで分骨の話などしていたことに心底腹が立っていたかもしれません。 タイミングも我慢していてその時になったのかも。 そもそもそれを叔母さまが知ったのはいつ?亡くなったときもいたって書いてますけど、亡くなった途端に目の前で分骨の話をしだしたのですか?違いますよね? また主さんにいとこはいないのですか?各々が勝手に持ち帰る相談をしていても何も思いませんか? 叔母さまは一人暮らしなのでしょうか? だとしたら仕事がありますよね? 無職なら家族がいますよね?家でやらなければならないこともあるはず。 おいくつかわかりませんが介護のために仕事を辞めると言うのも理解できません。 主さんが兼業主婦ならわかりますけど、結局親のすねをかじっていたということですよね? 今回主さんが頑張ったことは理解しますが、早々に帰ったと言ってそれを理由に他人を責めるのは筋違いです。 またお花などに関してですが、まるで自分たち兄弟が全て取り仕切ってるかのような書き方ですが、喪主は誰なのですか? お花だってやはり立派なら良いと言うものでもないです。 >あんたより悲しい人はいるから まさに、な言葉ですね。 主さんは少し独りよがりなところがあります。 お骨もお花も喪主なり施主なりが決めることです。 喪主が決められずに代わりに決めるなら叔母様の意向を組んであげて当然だと思います。 相続の話だって叔母さまだけが部外者のような恰好では? その場ですぐに反論できなかったのかもしれないですね。 お父様(祖父)が心配だと言うならお母様とお父様が自分達の分を使えば良いです。 隣に住んでるだけで叔母様より遥かに恩恵に与っているはずです。 >今は叔母の言う事を聞かなければよかったともおもっています。 遺族の意思を無視し自分の我を通せば良かったと言うことですか? おばあ様を見送らなかったことを責める気なんて毛頭ありません。 他人の言うことじゃない。 ただし、それは自己責任です。 主さんは今それを叔母様のせいにしています。 多分叔母様は少し優柔不断なところがあるかな? あと自分の思い通りにしたい、後悔したくないと言うワガママな部分も。 でもだからと言って主さんの言い分はあまりに八つ当たりすぎると思います。 何より自分は頑張ったと叔母様の上に立って考えてますよね。 お母様が言うならともかく、主さんが言うには少し分を弁えろって話です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 13:00

すいません、私が無知だったようですね。 お恥ずかしいです。 分骨の話は母、祖父と話をしていて許可を貰っていましたので、充分なのかなと思っていました。 分骨の話を聞いたのは火葬場が空いてなく2日余裕があり、2日目のの朝話しているのを聞いていたらしいです。 介護は母から仕事をやめて見てくれと 頼まれたので仕事を辞めました。 それまでの貯金でやりくりしていた為 スネをかじっている訳ではありません。 喪主は祖父でした。 祖父から歳なのもあり、難しい話はわからないからずっと見てきたのはお前だから好きなようにして見送ってあげてと言われて、張り切りすぎたのかも知れません。 もう少し叔母達の気持ちも考えるべきでしたね。ありがとうございます。

2

なんだか、お子ちゃま丸出しですね。 詳しい血縁は分からないけど、あなたにとってはおばあちゃんでも、おばさんまたはおばさんの旦那にとっては親ですよ。 それを、孫がよってたかって、骨を持ち帰るなんて、非常識の極みです。 最低限、おばあさんの子供、きょうだいの了解を得なければならない話です。 世間知らずのお子ちゃまのやり口です。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 13:03

すいません。 私が無知でした。 兄弟は居なく、母とと祖父の了解を得ていたのでそれでいいかと思っていました。

1

分骨については、ダメというお坊さんもいますし、考え方はいろいろですからね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 13:04

お坊さんは祖父がそのお寺の役員なので聞いていただいていて、了承もえていました。 教えて頂きありがとうございます!