なぜ労働組合の加入人数は年々減少しているのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました! 助かりました( ; ; )

お礼日時:7/6 16:12

その他の回答(4件)

0

労働組合の活動は一人は皆の為に、皆はひとつの目標の為の活動ですので、多くの人を集め同じ方向を向いて活動しないとなりませんが、人々の嗜好の多様化や個人主義の拡大によって、皆で同じことを楽しめたり、他人が辛い時に助けようって考える人が減って来たのかも知れません。

0

かつての労働組合の活動により労働環境が改善されている点。 一方その効果に関する教育が少ない点。 そのため必要性を理解できない人が増加している。 また「皆んなで良くなろう、そのためには個人に負担がくるのもやむを得ない」という考えより「誰かがやってくれる。自分を犠牲にする必要はない」という考えが醸成されている社会になっている事も要因と捉えています。これは町内会、PTAなど社会を形成するために協力しあう場面でも不活性傾向になっていることからも見てとれます。