ここから本文です

小型犬に改良された品種は元より寿命が長いのでしょうか?

にのさん

2009/5/2608:08:38

小型犬に改良された品種は元より寿命が長いのでしょうか?

閲覧数:
501
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

編集あり2009/5/2613:09:13

★恒温動物において同種間の比較においては大柄な個体のほうが小柄な個体よりも短命となる、という法則があります。研究例として明確にされているのは、人・馬・犬だったと思います。
明確な理由は判明されてませんが、同じ構造を持つ動物の中では体格が多きい方が酸化しやすい(=老化が進みやすい)からだという説を出している学者もおります。
人間も女性と男性では、女性の方が長生きですが、食習慣だけのせいではないという説もあるようですよ。

なので、犬という同じ構造を持つ動物の中では体が小さいほうが長生きである傾向があるそうです。小型犬が大型犬より長生きするのはこの為です。
固体差はありますが、どちらも健常であれば、小型の方が長寿になるでしょうね。
ただ、一般的に、同犬種の中でも、小さい子というのは良い子を作るのが難しいとされてます。その為健常でない子が出てくる比率も高いので、例えばティーカッププードルやまめ柴のように、まだ血統が安定してない場合は当てはまらないと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dok********さん

2009/5/2612:42:47

ヨーキーの平均寿命は14~16歳
そしてヨーキーの先祖と言われているマンチェスター・テリアの平均寿命も14~16歳
しかし、もっとさかのぼった先祖の狼の平均寿命は10~12歳
と言われています。

平均寿命からさらに長生きするには獣医医療の発展、
今までの食生活、生活環境でさゆうされます。

狼はワクチンを打ってもらえる人がいないし、食生活も乱れています。
だから平均寿命が10~12歳ってだけで
狼も犬の様に人間に飼われていたら平均寿命は14~16歳くらいまでは
伸びると思います。

だから小型犬に改良された品種は元より寿命が長いって言うのは
当てはまらないと思います。

san********さん

2009/5/2611:26:41

どちらかと言うと
・飼育環境の変化
・獣医学の進歩
・フード製品の質の向上
あたりにヒントがあるかと。

大型が抱える問題は、ストレスだと思います。
日本の国土や住宅・家庭環境などを鑑みても、大型以上の犬を理想的な環境で飼育しているオーナーは極僅かだと思います。
大型は小型よりも寿命の点ではやや短めですが、中には小型並に長生きしている犬もいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる