ここから本文です

バースデーケーキになぜろうそくを点しフーッってするのでしょう? また、いつ頃...

pin********さん

2009/6/1401:33:00

バースデーケーキになぜろうそくを点しフーッってするのでしょう?
また、いつ頃からするようになってんですか?

閲覧数:
13,484
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nen********さん

2009/6/1411:15:42

バースデーケーキとろうそくを消す風習にも理由があります。

風習の始まりはアメリカだといわれています。
年の数だけバースデーケーキにろうそくを飾り、当人が吹き消します。

誕生日の子供の年の数だけロウソクを立てる。
ハッピーバースデー・トューユーを歌う。
子供は願い事を思い浮かべながら(口には出さない)、ロウソクを一息で吹き消す。
一息で全部消えれば、願い事がかなう!これが現代の風習だろうと思います。

歴史的には、バースデーケーキにロウソクを立てるのは、
ギリシャ時代からという説と、ゲルマン人の風習という説があるようです。
ギリシャ時代には、月の女神アルテミスを象徴する、
月に見立てた丸型のケーキにロウソクを立て満月のように光り輝かせたと。
また、ゲルマン人は、ロウソク作りで有名で、小さなロウソクをたくさん立て始めたのは彼らだそうです。
ロウソクを立てる理由は、宗教的なものだという説と、ロウソクの煙が願い事を天にとどかせる、という説などがあるそうです。

ここからは私の推測ですが、ろうそくを吹き消す風習は結構古くからあったのではないでしょうか?

根拠として、
まず、お祝い事に "運試し" をするのは、ロウソクを吹き消して願い事を…だけでなく、
イギリスではケーキの中にコイン型のものとかキャンディーを仕込んで、
あたると幸運が…とかいうのもありますし、一般的な発想なのかもしれません。

そして、
もうひとつ、ロウソクの灯ったケーキは、食べる前に必ずロウソクを消さないといけません。
パーティの場で、みんなの前でケーキを切り分けるとしたら、ロウソクを消すのがイベント化するのも当然の流れにも思えます。

ちなみに、
ハッピーバースデー・トューユーの歌は、1893年にアメリカ人姉妹によってつくられたそうです。
ロウソクを吹き消すまでの間を持たせるために、この歌を歌うようになったのでは?などと妄想してしまいます。

質問した人からのコメント

2009/6/20 22:06:34

成功 そんな意味があったんですね!
ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる