ここから本文です

体外受精について教えてください。 私は今不妊治療をしています。早発閉経と診...

hontonokimotiwaneさん

2009/6/2916:04:27

体外受精について教えてください。

私は今不妊治療をしています。早発閉経と診断されています。

今はカウフマン療法を行っております。FSHが一桁になったらhmgの連日注射によって排卵を試みようとしている最中です。かなり長くカウフマン療法を行ってきましたが、あと1クールほどでようやく一桁になりそうです。

質問ですが、今回はカウフマン療法後、hmgにて排卵を試みてタイミング(金銭的な面で体外に踏み切れずにいます)を計る予定です。
先生には体外を薦められているのですが、hmgにて排卵誘発している最中に卵ができたから体外にしたい!というのはやはり出来ないのでしょうか?


体外の場合、基本的に戻せる受精卵は一つかと思います。ラッキーな事に2つ排卵したとして、私の様に通常より早くに閉経してしまった場合も受精卵は一つしか戻せないのでしょうか?


現在29歳となります。早発閉経と診断され、3年ほど経ちます。治療ができるのはあと何年位なのでしょうか?

例えばカウフマン療法を続けていても、三年後には今より更に排卵が難しくなるのでしょうか?


無知ですみません、宜しくお願い致します。

閲覧数:
4,863
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tohappy77さん

2009/6/2920:12:44

長期のカウフマン療法は大変だと思いますが、FSH値が落ち着きそうとのことでよかったですね。

>hmgにて排卵誘発している最中に卵ができたから体外にしたい!というのはやはり出来ないのでしょうか?
希望したとして、あまり効果的ではないですね。
タイミング法での排卵誘発と体外受精での排卵誘発は、その治療法の性格上方針が基本的に違います。
タイミング法の場合は排卵以降のステップを自力で行えるのが前提なので、卵胞が1つ育てばいいため強い誘発はしません。
逆に体外受精の場合は受精を人の手を介して行いますので、受精率を上げるためにもある程度の数の卵胞がほしいので強めに誘発することが多いです(もちろん卵巣の状態を見ながらですが)。
今回タイミング法を行うつもりで排卵誘発するのならhMGの単位もそう大きくないはずなので、途中で体外受精に切り替えたところで採卵できる卵胞がかなり少なく現実的ではないと思います。

>私の様に通常より早くに閉経してしまった場合も受精卵は一つしか戻せないのでしょうか?
主治医の治療方針によるでしょうね。
受精卵が複数個できたとして、2個移植するということは1個移植よりは確実に多胎妊娠の可能性が上がります。
不妊治療の現場では母子ともにハイリスクである・深刻な産科医やNICU不足等の状況から多胎妊娠はなるべく避ける考えが主流ですので、特に初回の移植はたとえ早期閉経という要因があるとはいえ1個移植を勧められると思います。
早期閉経の可能性があるからといって着床率が低いとは限りませんし…質問者さんが卵巣はともかく子宮に問題がないなら、ご年齢から考えても着床する率はけっこう高いでしょうから。

>治療ができるのはあと何年位なのでしょうか?
今回の誘発をどれくらいの強さで行うのか、それにより卵巣がどういう状態になるのかによるでしょう。

>カウフマン療法を続けていても、三年後には今より更に排卵が難しくなるのでしょうか?
これも質問者さんの卵巣機能がどこまで治療に耐えられるか、それに尽きると思います。
過剰誘発をしてしまうと一気に閉経に進むことも考えられるので、治療方針について主治医によく確認なさることをお勧めします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。