ここから本文です

「山月記」の臆病な自尊心と尊大な羞恥心という表現について

meg********さん

2009/7/917:44:58

「山月記」の臆病な自尊心と尊大な羞恥心という表現について

あれはどういう風に解釈したらいいんでしょう?

閲覧数:
134,652
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2009/7/920:35:46

======
①「臆病な自尊心」=自尊心の強さゆえに、その自尊心を傷つけられることを極度に怖れる心理。
②「尊大な羞恥心」=羞恥心の強さゆえに、羞恥心にとらわれる機会をもつまいとわざと尊大にかまえて他人を避ける心理。
======
模範解答的には、こんなことになるでしょうか。

なお付け加えれば、この二つのフレーズの語句の結びつき方は意表をついていて、常識と逆になっていますよね。
ふつうだったら、「尊大な」は「自尊心」と、「臆病な」は「羞恥心」と結びつきやすいはずです。
この修飾関係を逆転させることで、作者はおそらく次のようなことをねらったのではないでしょうか。
それは、主人公李徴の、《自負》(=俺には人に負けない詩才がある)と《自己否定》(=俺には真の詩才がないのではないか)との間で振り子のように揺れる心理を表す、ということです。
みごとな表現だと、ぼくは思いますが、あなたはどうですか。

質問した人からのコメント

2009/7/13 12:58:54

今日のテストは難しかった

「山月記 臆病な自尊心 とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dat********さん

編集あり2009/7/921:39:57

自尊心が強いあまり、その自尊心が傷つくことが怖い心情が「臆病な自尊心」
羞恥心を隠すため、わざと尊大にふるまってしまうような心情が「尊大な羞恥心」です。いずれも一見相反しているようですが誰にもある感情かもしれませんね。

補足 下からすいません。tomorrowさん。私も素晴らしい表現だと思います。中島敦は本当にその辺の表現が素敵で大好きです!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる