ID非公開

2023/6/15 13:35

44回答

50男です。火曜日夕方に左足の親指のつけ根の関節上が痛くなり、そのまま晩酌。 次の日朝起きたら少し赤く腫れ歩く時痛みがでます。これは痛風ですかね?尿酸値は2ヶ月に一回血液検査で6から7です。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

晩酌、尿酸値6~7、足の親指付け根の痛み、これで痛風のいっちょ上がりです。 それほど痛くないとすれば、痛風生活30年を回避できるかもしれません。今すぐ尿酸値を下げましょう。 ・今年中に体重-20kgを目指しましょう。 ・毎日の食事を精進料理に変えましょう。お昼ご飯は「蕎麦」が良いです。 ・飲んで良いのは水と牛乳とブラックコーヒーです。 尿酸値を下げないと、この後どうなるか。 晩酌は焼酎一杯。それ以外のお酒を飲めるのは、発作が一年間全く起こらなくなってからです。それまで数十年かかります。 発作が起こったらサッカーは出来ません。激しい運動は尿酸値を上げます。 発作が起こったら声を上げて苦しみます。声を出さないようには出来ません。そして誰もあなたを助けられません。近くに寄るだけで痛いですから。痛みは骨折より痛いと思います。骨折は麻痺しますから。痛風は麻痺しません。例えると、歯の神経に針を刺し続けてそのまま数日放置されるようなものです。寝ることは出来ません。そのくらい痛いです。痛みに耐え疲れればようやく寝れます。寝ると言うより気絶ですね。いつ寝たか分かりません。靴下は履けません。靴も履けないので片足だけサンダルで出社することになります。これが毎年数回起こります。 尿酸値を下げて数年それを維持出来ないと、発作は毎年の大事な日に限って起こります。関節痛なので、特に季節の変わり目に起こります。発作が起これば必ず1週間は休まないといけないので、周りの人達に多大な迷惑をかけることになります。 周りの人達全員に「私、痛風です」と言わなければなりません。周りの理解が無いと治らないからです。 「私、痛風です」と聞いた人達はあなたに仕事を頼みません。特に重要な仕事は頼まれなくなります。大事な時に限って発作が起こって1週間休むことになるからです。それを自分でコントロールすることはできませんので、社会的信用は無くなります。 早く治せ!と言われても、治るまで何十年とかかります。 そうなる前に、今すぐ尿酸値を下げましょう。5.0まで。

まず痛風(痛風発作)というものは、尿酸値が高い状態が続くと関節に出る痛みのことです。 あなたの場合正常値上限ギリギリで痛風発作が出ても不思議ではないですね。 ちなみに正常値の上限を超えると「高尿酸血症」という病気と診断されます。 痛風発作の場合、赤く大きく腫れます。そしてお湯に触れると痛みが増します。 痛風発作って「激痛」と思われますが、初期は「チクチク」とか「ちょっと痛い」程度の時もあり、そのまま痛みが引くこともあれば、そこから一気に激痛になることもあります。 サッカーを3時間されたそうですが、踏ん張ったり、蹴ったりする時に親指の付け根に負担が掛かることで、痛みが出て、そこから痛風発作に繫がる・・・・というパターンはよくあるので、 痛み止めや湿布を貼って様子見をするか、 病院で診察してもらうのも良いかもしれないですね。

Googleから 「通風の症状」で検索すると たくさんの情報が得られます。 その回答の一例です。 風が吹いても痛いということで、「痛風」と呼ばれています。 足の親ゆびのつけ根以外に、足関節、足の甲、アキレス腱のつけ根、膝関節、手関節にも激痛発作が起こることがあります あと、「通風に似た病気」でも検索してみて下さい。 私の家族も 足の親指に激痛があり、病院で、強剛母子(きょうごうぼし)と診断され、針金を入れる手術をし、数日 入院しました。 整形外科 早めに 病院で診てもらう方が安心ですよ