ここから本文です

沖縄の花酒「どなん」について詳しい方教えてください。

bar********さん

2009/7/2316:47:24

沖縄の花酒「どなん」について詳しい方教えてください。

なぜ、花酒というのでしょうか?花から造られるお酒なのでしょうか?由来を教えてください。

沖縄の方に、これは神の酒でグラスに注ぐと色がピンクになる?ということを聞きました。本当でしょうか?

宜しくお願いします。

閲覧数:
4,598
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

awa********さん

2009/7/2512:56:12

与那国だけに作成が許されている「花酒」で、他に「舞富名」「与那国」があります。
作り方は基本的に泡盛と同じですが、蒸留の際、一番最初のもの(初瑠)だけを集めたものが「花酒」です。
もともと「花酒」は消毒用アルコールとして使用されてきたもので、度数の高さから酒税法上はスピリットに分類されます。
しかしもともと泡盛と同じ作り方で、飲用すると強い甘みを感じ、現在は泡盛の流れの一つとして飲用されています。
(ストレートで頂きますと、強いですが結構美味しいですよ!)

「花酒」の云われですが、
①別の方がご指摘の様にアルコール度数の高さから花の様な泡が立つ為
②最初に垂れてくる(はな=最初、たれ=垂れ)
等、諸説あります。
実際、焼酎でも初瑠酒は「はなたれ」「バクダン」の名で重宝されていますので、私見ですが、②の説が正しいのではないかと考えています。
残念ながら、60度の泡盛に過ぎませんので、グラスに注いでも色はつきません・・・。

参考までに、通常の泡盛と花酒の違いをご紹介させて頂きます。
蒸留の際、最初のもの程アルコール度数が強く、次第に度数は下がってきますが
最初のもの;度数が強い=不純物(旨み成分)も少ない
後のもの:度数は下がる=不純物(旨み成分)が多い
のが特色です。
旨み成分量が過ぎると「臭み」にもつながりますので、中間を泡盛として生産している訳です。
花酒は強いアルコール特有の甘みを感じますが、泡盛の旨み成分が少なく、水で割ると「病院のアルコールの匂い」云われる方もいらっしゃいます。飲用は極力ストレートかロックをお勧め致します。
これに対し泡盛は旨み成分が豊富ですので、ストレート、ロック、水割り何れでも美味しく頂けます。

花酒と泡盛のどちらが美味しいかは個人の判断でしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

doc********さん

2009/7/2319:19:44

どなんは与那国島のお酒で、60度あります。

実際は泡盛の基準を超えているので、正式には泡盛ではないのですが、これといった産業のない与那国島のために特別許可・生産されています。


花酒の由来は、ボトルを振ると細かな泡がたち、この泡が花のように見えるからです。


ピンクになるかは定かではないです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる