ここから本文です

学資保険に詳しいかたお願いします! 子ども(1歳0ヶ月)の学資保険で悩んでいます...

pin********さん

2009/7/2519:45:47

学資保険に詳しいかたお願いします!
子ども(1歳0ヶ月)の学資保険で悩んでいます。代理店ではアフラックの『夢みるこどもの学資保険』を勧められました。 (新しくなってソニー生命よりよくなったらしく…)あとは、お友達のお母さんが働いている太陽生命の学資保険です。太陽生命は三大疾病にかかった時にその後は保険料を払わなくてよいという所に惹かれていますが、戻り率でいったらアフラックの方が断然よさそうです。
それぞれの保険に加入されている方の意見や詳しい方がいたらどちらがよいかアドバイスお願いします。
夫→26歳、私→25歳です。

閲覧数:
1,273
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

いんてさん

2009/7/2520:42:41

学資保険に限らず、生命保険で三大疾病で所定の状態になった時に払い込みを
免除する・・・というのがありますが、これが結構曲者です。

太陽生命の場合

保険契約者が保険料払込期間中につぎの状態に該当されたとき、以後の保険料のお払込みを免除します。
死亡されたとき 所定の高度障害状態に該当されたとき
悪性新生物(ガン)、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態に該当されたとき(注)
引受保険会社所定の要介護状態に該当し、その該当した日から起算して180日その状態が継続したと医師によって診断確定されたとき、または、公的介護保険制度により要介護3以上に該当していると認定されたとき
所定の身体障害状態に該当されたとき
所定の疾病障害状態に該当されたとき

(注)悪性新生物(ガン)、急性心筋梗塞、脳卒中について
悪性新生物(ガン)について
ア. 特約の保険期間中に、この特約の責任開始期前を含めて初めて悪性新生物(ガン)に罹患したと医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定された場合に保障されます。特約の責任開始期前に悪性新生物に罹患したと一度でも診断確定されていた場合には、特約の責任開始期以後に新たに悪性新生物に罹患しても保障の対象とはなりません。
イ. 特約の責任開始日から起算して90日以内に乳房の悪性新生物(乳ガン)に罹患し、医師により診断確定されたときは保障されません。ただし、その後(乳房の悪性新生物については、特約の責任開始日から起算して90日経過後)に新たに悪性新生物に罹患し、医師に診断確定されたときには、保障されます。
ウ. 悪性新生物のうち、上皮内ガン、および皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガンは保障されません。

急性心筋梗塞について

特約の責任開始期以後の疾病を原因として急性心筋梗塞を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断された場合に保障されます。

脳卒中について

特約の責任開始期以後の疾病を原因として脳卒中を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断された場合に保障されます。

とありますが。(出典 HPより・・・)
心筋梗塞や脳卒中の場合、60日以上労働の制限のある状態が継続した場合と
ありますが、医療技術の進歩に伴い、60日以内に労働に復帰できる可能性がかなり
高くなっていたりします。
なかなか払い込みが免除になる状況になりにくいわけです。
そして、あなたのご夫婦はまだ年も若いですし、上記のような状況になることは
確率的にはかなり低いです。

よって、安心感をしっかり取りたければ、太陽生命でもいいかもしれませんがアフラックの
ほうが現実的にはいいような気がします。あくまで自己責任で判断ください。

質問した人からのコメント

2009/7/30 18:45:50

降参 ありがとうございました。もしもの事があったら…と考えるとキリがないですね。太陽生命のことを回答くださったintream0219さんを選ばせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cad********さん

2009/7/2521:44:30

まず教育資金で積み立てで保険を利用するメリットは、積み立てながらご主人にもしものことがあっても学資保険なら以後の積み立て保険料免除で満期金は全額もらえます。
デメリットは今利率が良くない上18年間固定利率なので銀行などの他に預けるより増えません。親の生命保険の死亡保障額が生活費+教育資金まで賄っているなら学資保険加入の必要はありません。

将来の教育費を参考に目標積立金の計画をお立てになられるといいと思います

・・・・・・・・・・入学費・・年間教育費(/年)・学外活動費
幼稚園(公立)・・10万円・・・25万円・14万円
幼稚園(私立)・・10万円・・・50万円・14万円
小学校(公立)・・10万円・・・30万円・24万円
小学校(私立)・・30万円・・120万円・24万円
中学校(公立)・・10万円・・・45万円・31万円
中学校(私立)・・30万円・・125万円・31万円
高等学校(公立)20万円・・・50万円・26万円
高等学校(私立)40万円・・105万円・26万円
大学(国公立)・・30万円・・・50万円
大学(私立文系)30万円・・・90万円
大学(私立理系)110万円・120万円
大学(私立医科)200万円・370万円

このような感じです。
仮に公立で幼稚園から文系大学までだと約820万円
オール私立だと約2060万円かかります
この中でも一番お金がかかるのは大学です。月1万ずつ貯金しても年12万×18年=216万円しか貯まりません
大学2年分位ですね。倍の月2万円で大学文系4年分くらいになります


お子さまの教育資金対策ですが、お住まいの市町村役場から児童手当(3歳になるまでは月1万円、3歳から12歳までは月5000円)支給されています。それを教育資金として有効に使えば幾分か楽になると思います


ちなみに学資保険ですが、貯蓄重視ならソニー生命の学資保険(18歳一括満期型で110%程度)が今のところ一番利回りがいいと思います。ただし3月にアフラックから出た新しい学資保険は高校進学時、大学時4年間毎年支給方式ですがソニーより若干返戻率が良いです


その他にご主人の保障を兼ねて低解約返戻金型定期保険を利用して保障を重視しながら増やす方法もあります

東京海上日動あんしん生命の長割り定期保険
あいおい生命の低解約返戻金型定期保険

を利用しご主人の死亡保障を兼ねながら積立てることができます。15年払い18年解約で115%前後得られます
また両保険ともクレジットカード払いができるので(あいおい生命は月払いのみ可能)、仮に月1万円ずつでも200万円くらいの支払いになり、200万円分のクレジットカードのポイント、マイルが得られます。
低解約返戻金型「終身保険」を良く勧められることがありますが低解約返戻金型「定期保険」よりも戻り率が悪いのに、販売員にとって終身の方が定期より手数料が5倍違うので終身保険を勧めらることが多いです。絶対定期保険で設計してもらってください
8月に長割り定期保険は改定があり戻り率がさらに良くなるそうです


低解約返戻金型定期保険を利用すると、ご主人がもしものときはその時に死亡保険金として積み立て目標金額の約1.7倍ほどの金額が支払われます。学資保険なら満期が来ると保険は終了して現金化されますが、後者の場合、予定していたお金が必要なくなった(特待生で授業料免除など)場合はそのまま預け続けることで増えていきますし、結婚資金など後々まで預けて置けます。(保障も維持しつつ)
注意点は支払期間中は解約返戻金がかなり少なく設定されるので途中で解約しないと言う前提での加入となります。


参考までに子供の医療について

学資保険で子供の医療も含むと積立利率が良くないです。保障も満期で消滅してしまいます
質問主さんの住んでいる市町村では乳幼児・児童医療費助成制度があると思います
市町村によって異なりますが0歳から小学校入学まで(地域によっては中学校3年まで)医療費助成している市町村があります。それを利用すれば健保の自己負担分をほぼ助成してくれますのでほとんどの医療費カバーできると思います
あと健保でカバーできない分(薬の容器代、特定療養費、差額ベッド代、シーツ代、親が介助にかかわる諸雑費や交通費など)を貯蓄でカバーするのか、子供保険に加入してカバーするのかをご検討いただければよろしいかと思います

もしその辺りを保険などでカバーするならこくみん共済、都道府県民共済、coop共済の子供プラン日額5000円プランで月900-1000円で済みます。また年度末には還付金も発生することがありますから、学資保険と別々に入った方がお得です
また終身保障を希望するならアフラック、損保ジャパンひまわり生命の医療保険は0歳から入れます


ご参考になれば幸いです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる