ここから本文です

カーオーディオのデッドニングについて教えてください。

fuj********さん

2009/7/2619:38:29

カーオーディオのデッドニングについて教えてください。

デッドニング手法の一つで吸音材をドア裏の鉄板に張り付け、背圧を処理する=無くすことは一般的ですが(有名なショップやデッドニング材料を扱う販売会社もそれを推奨してますよね?)、雨が降った場合はどうなんでしょうか?ドア裏は雨が振れば必然的に水が流れます。そのため、そこに吸音材などの吸水性の高いスポンジがあれば間違いなく、水分を吸収してしまい、いつまでたってもドア内張内面は湿気が抜けないのではと思います。また、そんな環境では素材によってはスピーカーのコーンやバッフルに良くないと思います。そのため、現在ではドア裏面には鉛だけを張って背圧は積水の拡散材で音を飛ばしております。

どうなんでしょうか、そんな心配はないのでしょうか?

宜しくお願いします。

補足すみません...誤字がありました。
雨が振れば→雨が降れば

閲覧数:
7,339
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yon********さん

2009/7/2620:34:05

最近の車は古い車より外側の窓ガラス部分の気密性が高いです。

多少、雨水は入りますが走行風もありますし

ドア下部にもドレンがありまから時間が経てば乾燥してます。

スピーカーのコーンも少々水にぬれても大丈夫な設計だと思います。



自分のデッドニングを施工して5年になりますが

先日、内張りを外してみてもカビなどはありませんでした。

そんなに気にすることは無いのでは?

気になるなら、吸音材などに防カビ剤など塗布して使用してみたら?
自己責任で。

スピ-カーの上部にシェード(ひさし)をつけると
直接上から垂れる
雨水をよけることができます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lil********さん

2009/7/2915:14:29

おっしゃる通り、ドア内部は洗車時や雨天時に多少の水が入ります。

基本的にデッドニングシートには防水処理済みです。


がいくら強いと言っても永久じゃ有りません。

僕の行ってるプロショップでは、防水アルミテープで周りを補強しています。

それプラス、隙間がなるべくできないようゴムローラーなどで丁寧に張っていきます。

プロどうのこうのより、基本的な事だと思いますけど…

ドア内部に湿気についてですが、デッドニングしようがしまいが、結局は一緒の事です。

ただサービスホールを塞いでるだけなんで…

小量のスポンジテープくらいじゃそこまでジメジメする事は無いでしょうし。

後、スピーカーやバッフルなんですけど、基本的に防水処理がされてるので腐ったりは有り得ないです。

写真を添付するんで良かったら参考に。。

おっしゃる通り、ドア内部は洗車時や雨天時に多少の水が入ります。...

iso********さん

2009/7/2621:32:27

グラスウールなどのモフモフ系の吸音材を使用したい場合、スッポリビニールに入れた状態で張り付け、仕込めば良いでしょう。
言ってみればビニールレザー張りのソファみたいな構造ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる