私は中学でハンドボールをしています(女)

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

考え方を変えたらどうでしょうか? 突っ込んで、オフェンスファールになったらダメですが、ディフェンスファーるを取れれば、儲けもんくらいに考えてみましょう。 最初から上手くやろうとするから、何もできなくなるのではないでしょうか? 顧問が怒って、生徒を萎縮させる事は、あってはならないことです。 余談ですが、元バレーボール日本女子代表の益子直美さん(57)が始め、全国で開いている「監督が怒ってはいけない大会」のバレーボール大会があるそうです。詳しく知りたければ、「監督が怒ってはいけない大会」と検索をするとニュース記事がでてきます。選手のコメントも載っているので、見てみてください。 本題に戻ります。 とりあえずと言ってはいけないのですが、フェイントなどのステップワークとフットワークや、OF時のDFとの距離感や間合いなど、基本的な部分を繰り返して練習したほうが良いかもしれません。 まずは、基本的なステップワークを練習して、その後、一人立ってもらって、パスを受けて、立っているDFの右側、左側を抜く練習をして、できるようになったら、DFの動いてもらって抜く練習をしてください。 最初から、上手くできるわけがないので、同じ動きを繰り返して練習をするしかありません。 できるようになった時に、自信がついてくる事が実感できると思います。 小さな自信が、成功へ導いてくれるはずです。 ステップワークやフットワークは、上手い人に聞いて足の動かし方を教えてもらいましょう。 もう一つやらなければいけない事があります。 1. OF時に突っ込めない 2. 顧問に怒られる 3. 失敗をする 1と2と3をイコールで結びつけてはいけません。 1と2と3で何処かに原因があると思います。 失敗をしたくないという気持ちと、顧問に怒られたくない気持ちは、結びつけてはいけません。 顧問に怒られたくないから、失敗したくないという考え方ではなく、技術習得には失敗はつきものという考え方で、積極的な失敗は、顧問に文句を言われようが、「今の失敗は良かった。この部分を変えれば、今度は上手くいく」という考えてプレーをしてください。 基本の習得をして、しっかり身につける。 考え方は、CPDAサイクルを利用してみましょう。 毎日、練習ノートをつけて、練習内容などを記入したり、PCDAサイクル を基準にして、P=プラン、D=実行 C=チェック A=改善を記入していきましょう。 CPDAサイクルと言っても、 P=練習前に昨日できなかったことや今日やりたいことを考える D=練習をする C=何が悪かったかを反省、理解する。 PDCAサイクルのPDCのサイクルを使えばいいと思います。 走るスピードが遅いのは、筋力不足という原因もあると思いますが、フォームが悪いということも原因の一つだと思います。 ポッチャリさんなのも遅い原因かもしれませんが、足が速い走れるデブもこの世にはいます。 ユーチューブや本などで速く走るコツを調べて、正しいフォームで走れるようになってください。 持久力も瞬発力も両方必要なので、走り込みを毎日行いましょう。 無理なダイエットより、運動して、食うもん食って、しっかり寝る。 タンパク質を多めに取れば、良いと思います。 失敗は恐れるな。 恐れたら、負の連鎖に陥る。

こんな本でも、中古市場メ、、リか何かで買って読んだらいいと思います とりあえずはもも上げとかですね。 突っ込むと言うのはヘッドスライディングとか、スライディングのことですか? そういうのもやり方はもちろんコーチの人が教えてくれていると思いますが、他の人よりへたくそなら 残って練習するとか、上手な人に見てもらうとか、それなりに時間と手間をかけないとならないと思います 怒られることばかり考えてないで、 後で個別に教えてください、と言うのがいいと思います 部活にしても、仕事上のことにしても ミスとか、至らないところがあるときに ちゃんとしろよとか、そんな意味のない言葉しか言わない指導者、上司、 そちら側の人こそちゃんとしてほしいと思いますけど、無能な指導者、上司が多いのもほんと。 これからも、無能な人の下につかなければならないことがあると思いますけど 勇気を持って、ご指導いただけないでしょうか、と言ってみましょう。

● 規則的に走る 毎日走る必要はありませんが、1回30分、できれば週5日走りましょう。三日坊主にならないように。 ● 走る距離、回数を増やしていく スピードより、走る距離や回数を少しずつ増やし、より長くたくさん走れるようにします。 ● 持続走を中心に 練習は、時間走(一定の時間走る、たとえば30分間走る)、距離走(一定の距離を走る、たとえば5km走る)といった持続走を中心に進めていきます。 ● 走る場所を工夫する いつも舗装路では故障が心配。公園の芝生や土の走路を走ったり、時には野山を駆けるクロスカントリーにも挑戦してみましょう。走る世界が広がっていきます。 ● 練習計画を立てる 1週間、あるいは1カ月の練習計画を立ててみましょう。張り切りすぎて計画倒れにならないように、無理な計画は立てないことです。レースに出るなら目標もできます。 効果的なストレッチング ●アキレス腱 後ろ足を少し曲げる感じで。かかとはつける。反動はつけず、その部分を意識してじっくりと伸ばす。 ●太もも前部 片ひざずつ曲げて、身体をゆっくり後ろに倒す。 ●背中・腰・太もも 脚を開いてすわり、上体を前に倒す。脚を前後に開いて、大腿部前面、後面が伸ばされているのを意識しながら。仰向けになって、脚を頭の後ろにもってくる。 雨の日の練習 ●腹筋の強化 50~60回 ●脚筋の強化 スクワット、20~30回。両足を肩幅に開いて立ち、手は頭の後ろに組んで、ゆっくりと腰を落としていきます。反動をつけないように。 ●腕振り 片腕ずつ。腕を後ろに振った時に、同じ側のひざを引き上げます。これは、ダンベルを持って行っても効果が出ます。男性なら2kg、女性は1kgが適当でしょう。重くすると腕を痛めることにもなります。少ない負荷で、回数を増やしてください。 腹筋の効果と方法 ●スピードが身につく 身体の中心にある腹筋を強化すれば、全身の筋肉をうまく利用した走りができるようになります。 ●ウルトラマラソンに強くなる 100km以上を走るウルトラマラソンのコツは、腹筋を中心に身体全部を使って走ることです。 ●腰痛が治る 腹筋が鍛えられれば、背骨が正しい位置に収まり、腰によけいな負担がかからなくなります。 ●内臓が強くなる 腹筋には内臓を保護する役目があります。 ●年をとっても走力維持 衰えた筋力は、意識して強化すれば走力を維持できます。 ●美しいフォームになる 腹筋が弱いと、腰の落ちた、ストライドの伸びないフォームになってしまいます。 腹筋の基本的な方法は、仰向けに寝て、ひざを立て、お腹の上部に両方の手のひらをあてます。腹筋に力が入っているのを感じながら、肩甲骨が少し浮くくらいまで、背中を丸めるようにして胸から上だけを起こします。10回×3で1セット。これを毎日行い、セット数を増やしていきましょう。 ウオーキングの効果 最近では、ウオーキングもすっかり定着してきました。ウオーキングは、いつでもどこでも誰でも手軽にできるポピュラーな運動です。わざわざトレーニングウエアに着替えなくても、そのままの格好でスニーカーをはき、外に出ればOK。道路や公園、どこでもウオーカーに会えるようになりました。ウオーキングは、老若男女、少々疾病のある人でも障害者でも可能です。こんな点が、多くの人々に抵抗なく受け入れられる理由でしょう。 またウオーキングは、持久力の向上や減量にも効果があります。ランニングと比べると、ケガが少ないという特徴もあります。 そのため、日頃あまり運動しない人はウオーキングから始めるといいでしょう。持久力も向上し、減量効果も出てくるでしょう。しかし、ふだんからランニングをしている人がウオーキングをしてもトレーニング効果はありません。これは、ウオーキングの運動強度が低いためです。ランナーが、ウオーキングでトレーニング効果を上げようと思ったら、体重の40%の重さのリュックを背負って歩いたり、上り坂や階段を足早に歩いたりするといいでしょう。 トレーニング効果が期待されるウオーキングのスピードは、時速6~8kmが理想とされています。このスピードで30分以上、余裕をもって歩ける場合は、もはやトレーニング効果が期待できないレベルまで体力が達しているということです。そういう場合は、やはり走ったほうがより大きなトレーニング効果が期待できます。