30代男性。 大人になるにつれて嘘をつかないといけない場面が増えて生きづらく感じます。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(5件)

見て見ぬふりも必要ですしそれも大人になったということです。正直過ぎて褒められるのは、子供のころまでです。時と場合によって嘘も必要ですし見て見ぬふりして知らない事にするのも一人前の大人なら普通です。悪い事幼稚園児ではないんです。本音と建前でバランス取れてます。 世の中は分かっているけれどまだ精神が幼いかもしれません。自分の物を壊されても知らん顔出来ずガキのように怒るのは恥ずかしいことです。 子供のままではいけません。どこかで大人にならないといけないです。

プライベートは、めんどくさいならやらない方向でいいんじゃないですか。 皆に好かれる必要ないですからね。 仕事は、私は駆け引きを楽しむタイプなので、あまりストレス感じないですね。 そもそも、素の自分で仕事する必要ないですからね。 利害関係が生じる場所で、素でいたら、負けちゃいますからね。 自分のイメージは自分で作った方が楽ですね。

環境によります。 ただ、嘘ととらえるかだけです。 自分は嘘と思うことよりも、その言葉で、相手が不快でなく。笑顔ならば、そのような言葉の選択は大人としての対応の一つだと思うのです。 接客業のかたは皆さんそんな感じですよ。

接客業をしていると、お客様がこちらの要望を汲み取ろうとしてくれたり、妥協して了解を出してくれるのを感じる時がありますが、60代をこえてくると直球な言い方をされたり、自分に正直な方が多いなという印象を抱きます。みんな遠慮や嘘をつくのに疲れて、途中からさらけ出せるようになるのかもしれないですね。 また、嫌味に聞こえそうなこともそう感じさせない話し方、空気が読めないじゃなくて芯があると思わせる人柄もあると思うし、相手にそう捉えさせる能力は後からつけることのできるものだと思います。

40過ぎたら楽になりますよ〜 人生経験から自信が持てるようになるので自分を出せます、そうなるように努力する事をおすすめします