回答受付が終了しました

>相対性理論が間違っていると言っている人は、 やはり、理系としては思考力が足りないからなのでしょうか? 質問者:ID非公開さん 2023/11/12 21:46

補足

Innocent Saviorさんにも ひゃまさんにも 返信が出来ません。 自分の意見が正しいと思うのなら、逃げないでいただきたい。 そう思う今日この頃です。

回答(10件)

私が出されてるじゃないですかww ブロックされてしまったのではなく、たまたま通信エラーだったのでは? 相対性理論で実証できる実験は全て観測により証明されています なので否定しようにもどの科学者も否定は無理で理論物理学においてバイブル的なものが相対性理論です 原爆をマンハッタン計画で作ったオッペンハイマーはアインシュタインと交流がありましたが、最近は映画化され急に有名になってますね。 彼をして、これ以上美しい完成された論文はない。が相対性理論への彼の評価だったはずです 同じプリンストン工科大学で研究してた時期がありますが。 言えば原爆のヒントになってしまったのも相対性理論です その中のe=mc2は質量とエネルギーの等価を表しますが、同時に質量をほんの少しでも純化エネルギーにするととてつもない破壊力のエネルギーになる事が予測されます ここがヒントとなってるため、オッペンハイマーは否定してますが、相対性理論を読んでいて、ここに気づかないはずはありません。大好きな日本に原爆が投下された時アインシュタインは大変驚き嘆きドイツ語で一言だけオーヴェーと言ったきりフリーズしました 下は相対性理論に関連するいくつかの実証された事実ですね 一般相対性理論における重力の存在 アインシュタインは一般相対性理論を提案し、その後の実験や観測によって、重力は物質やエネルギーが時空を曲げることによって引き起こされることが証明されました 時間の経過の相対性 相対性理論によれば、速度や重力場の違いによって時間の流れが変化するとされています。これは特殊相対性理論の一部であり、実験によって確認されています。例えば、高速で移動する粒子は、静止している粒子よりも時間がゆっくりと進むことがすでに観測されています 光の速さの不変性 特殊相対性理論によれば、どの慣性系から観測しても光の速さは一定であるとされています。これは実験によって確認されており、特にマイケルソン・モーリーの実験などが有名です ライプニッツの等価原理の実証 一般相対性理論では、重力と加速度は等価であるとされています。実験によって、加速度のかかる閉じた系統的な動きには重力と同様の効果が現れることが確認されています。 重力波の証明 重力波とは、宇宙のどこかで激しい出来事が起きた時、それにより時空に生じるゆがみが波動として広まる現象 一般相対性理論でこの存在を予測 一般相対性理論では、恒星や惑星など質量の大きい物体の存在によって時空がゆがめられ、曲げられた結果として重力が生じると予測されています これは連星パルサーの発見で証明済み ちなみに重力波は光速度で伝播します 質量がゼロのため これらは一部です相対性理論は科学的な理論であり、これまでに多くの実験や観測に基づく証拠が蓄積されていますので、相対性理論を否定する理論物理学者は1人もいません また絶対時間などありません。厳密に言うとすんごいデブと赤ちゃんの質量は違うため、観測不能な範囲で時空の歪みが違うため、それぞれに流れている時間は実は違いますが、あまりにもそれが微細なため計測できないだけですが、質量がとてつもなく大きな物では観測出来ます ゆえに無限大に近い質量を持つブラックホール付近では時間は止まると予測されています 一般相対性理論の基本方程式。 物質やエネルギーの分布によって時空のゆがみを決定する。 Gμν=κTμνというかたちの式で,Gμνは時空のゆがみによって決まる量,Tμνは物質やエネルギーの分布を表す量です そして物質とエネルギーは同じ物です これはE=mc2の方式で証明されています 絶対時間と相対時間をそれぞれ比較します 鍵は「光の速度一定」の原則 多くの人は長年、時間を絶対的なものと思い込んできました私の下の人もそうです しかし、相対性理論ではこの世に「絶対時間」は存在しません「絶対空間」も同じです 主な科学者は、地動説を出発点に「時間」を次のようにとらえました ガリレオさん→空間は相対的であるが、時間は不変である(時間は絶対的な視点でみる) ニュートンさん→「絶対時間」(無限の過去から無限の未来まで一様に流れる時間) マッハさん→世の中に絶対的な規準はなく、全ての運動は相対的にとらえるべきである。 アインシュタイン→時間は不変ではない(相対的なものである) 相対性理論を論じるときの大前提 「光の速度は常に一定である」 これが特殊相対性理論の基本となります。 次のような研究の蓄積があります マイケルソンとモーレーの実験 光の速度は常に一定である。 ファラデー、マクスウェル、ヘルツ・電磁気学の面から光の正体を予感する。 ローレンツちゃん→光を伝える媒質(エーテル)が存在し、それが縮む。 ポアンカレちゃん→絶対時間は存在しない。ローレンツちゃんの考えは正しい。 アインシュタイン→絶対時間は存在しない。エーテルもない。光速より速いものは存在しない。 「時間は不変ではない」 動いているものの時間は遅れる。同様に「長さ」も変わる 絶対的なものは光の速さだけである 全ての事象を説明でき、かつ100年経ってやっと実証されたものですら正しく、 さらに全ての実証された結果が相対性理論の正しさを表していますので、 あなたが1人でここで理論を提唱してもまず数学に強くて全部計算してそれを証明できるのか? が1点目。 相対性理論はGPSの調整にまで導入されていますが、導入しないと正しくならないため、 全ての相対性理論の結果の証明を全て覆さなければなりません めちゃくちゃあるので不可能ですが。 ゆえに相対性理論を否定するのは自由ですが、それは神を否定する事に似ています 私はクリスチャンですが。 アインシュタインで検索したら私が出てたのでびっくりしました 笑 あまり熱くならずに冷静に論文を読んで下さい きっとわかりますよ イノセントセイバーさんとか書かれててびっくりしましたw あれ?指名手配されたの?私?みたいなw 否定したければそれはそれで仲良く楽しくですね ブロックはされてないのでは? 私は質問者ではないのでわかりませんが。 という事で別な質問へ飛んでから、朝の支度をして猫の世話をします 良い一日をお過ごしくださいませ

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

イノセントセイバーさんの、 相対性理論は完全に正しい事が実証されています。 ただ絶対時間にとらわれているニュートン的な考え方をしている人からは理解できないわけですね これが、理系としては思考力が足りないからです。 質点と座標系の時間反転対称性がある背景を満たすために絶対時間のニュートンの考え方が間違っているので、絶対時間を排してもアインシュタインの相対論はこれに支配されているから、理解できないわけですね。 したがって、質点と座標系の時間反転対称性などなく破れていることから、 相対性理論は完全に間違っている事が実証されています。 だからニュートン時代からの古典的慣習ですね。

vsl理論が証明されるかですかね

vsl理論について検索してみました。 光速不変に挑む新理論 J. マグエイジオ(ロンドン大学インペリアルカレッジ)  宇宙論では現在,「インフレーション理論」が隆盛だが,研究者はほかの理論にも魅力を感じている。1960 年代までビッグバン理論に代わる主要理論とされた定常理論は,今でも少数ながら支持者がいる。弦の振動をイメージした「ひも理論」をもとにしてインフレーション理論を改訂した「前ビッグバン理論」は,一部研究者がのめり込んでいる。しかし,最も有望で,研究者を扇動する理論は私たちが過去数年研究を重ねてきた光速変動理論(VSL)かもしれない。ほかに理論がなければ,こうした理論は宇宙論に色どりやさまざまな趣向を添える。 相対論が発表されて100年以上たつというのに、今更こんな理論が登場するなんて、物理界は妙な世界です。 光速不変なんて現象、最初っからある訳なかったんですから。

> 質問者が私をブロックアウトしているからのようです。 > なぜなのでしょう? → あなたの回答から得られるものは何も無いと思われたからでしょう。自分の日頃の言動が招いた結果だと認識して、しっかり受け止めてください。相手から質問されたことに対しては誠意をもって答えること、これが基本です。

>→ あなたの回答から得られるものは何も無いと思われたからでしょう。自分の日頃の言動が招いた結果だと認識して、しっかり受け止めてください。相手から質問されたことに対しては誠意をもって答えること、これが基本です。 貴方の言われる誠意って、定説を否定しないことを言うのですよね? 違いますか? 私は定説だから否定しているわけではありません。 間違った定説を否定しているんです。