私はあがり症で、高校の時に本読みで一度泣きそうな声になるくらい震えてしまったことがあり、それから人前で発表することが大の苦手でした。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

自分も朝礼の進行や連絡事項及び講習会の講師をしますが、貴方と同じで、前者の方が緊張します。後者は殆ど緊張せずです。自分なりに分析したのですが、前者は聞いている人はテーマや内容がわからないので興味深々で聞くスタンス(目の色も)で、それを自分が相手の目線などを気にしてしまい緊張につなが。後者は○○講習会というテーマが決まっているので参加者もそのスタンスでいるから、さほど目線も気になら教えなくてはという意気込みが勝って緊張感がさほど無い。でも長年朝礼担当やってると、開き直りの様な気分になって、昔ほどの緊張感は無いです。回数、経験が改善してくれると思いますよ。

長文を読むって自分の得意なことをしゃべるわけではないのですね? パワポなどは自分で作ったものだから自分が喋りやすくやれますよね? だから緊張しないんだと思うんです。 だから朝礼の長文を自分なりに解釈して、読めば3分かかることを30秒にまとめますってやるのはダメなんですかね? まとめてくれれば、みんなにとっても理解が早いし時間の無駄が減ります。 それから、緊張の原因って自分への期待というかプレッシャーなんです。 自分はこんなことでミスをしたらバカにされる、笑われるっていう思い込みによるものなんです。 だから、普段からわざと言い間違えをしたり噛んでいれば、ああ、いつものことだってなって許されるんじゃないかって思うんです。 それからナイツのように本当にわざと言い間違えをして、ウケを狙うというのもアリのような気がしますね。あなたはまじめすぎるんだと思います。言い間違えでウケを狙えるようになれば緊張なんてしないんじゃないでしょうか?

発表する場の性質の違いが原因です。 物事を教える場合、貴方の方が知っているのは当然ですから優位性がある。 つまり、ある程度の自信があるので緊張しないんです。 一方ありがちなのが朝礼や本読み。 貴方は変な事言ってしまったら、後からなんか言われないかな...今変な事言ってるかも...噛んだらどうしよう、緊張を悟られたらどうしよう... 特に最後は長く発表すればするほど緊張が高まります。 また、過度なプレッシャーという見えない敵を自分で創り出している。完璧主義者、上手くやらなくては...期待に応えなきゃ!という真面目人間にありがちです。 何が原因かこれでわかりましたね? 貴方には自信が無いのと、周りの目を気にしすぎなんです。 ぶっちゃけた話、あなたの朝礼なんて真面目に聞いている人なんていないです。 内容を評価している人間もいないです。 今は失敗体験ばかりなのでいわばPTSD状態とも言えるでしょう。 「どうせ私の話なんて聞いてないしー、朝礼で聞いている社員なんてじゃがいもか何か」くらいの意識で挑んで、緊張なく一度でも成功体験があれば改善します。