日本史に関連するIF質問です。もしも、浅井久政が、1560年の前半頃に病気で亡くなってしまっていたら、その後の浅井家の動向にどのような変化が考えられますか?織田信長との共存も可能だったでしょうか?

補足

(誤)1560年の前半頃→(正)1560年代の前半です。単純に言ってしまえば、信長の最初の越前攻略のおりに、浅井家の裏切りが有ったかが、この質問の焦点になります。

日本史 | 歴史61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>隠居の久政の意向ではなく、家臣団の総意に基づくものです。浅井家に従う北近江の国人衆は、古くから越前に縁故のある者が多く、朝倉家の難儀を見捨ててはおけなかったのです。→ご回答、ありがとうございます。滅ぶべき運命であった悲劇の武将浅井長政と浅井家臣団。心に響く回答でした。

お礼日時:2023/11/30 2:47