ここから本文です

キャノンのプリンターを使っています。 エコリカのインクに変えると、インク残量は...

poo********さん

2009/8/111:05:48

キャノンのプリンターを使っています。 エコリカのインクに変えると、インク残量は表示されなくなりますか?
機種は IP3100 です。

閲覧数:
18,793
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2009/8/111:50:34

プリンタの修理屋です。

本来はこういった質問はスルーするのですけど、結構古めの機種で、トドメをさすことになるという覚悟があるとしてですけど・・・・

この機種まではICチップは非対応で、単純に光学式でインクの残量を読み取っていました。
ですから、社外インクだろうと補充だろうと問題なく動作していました。

しかしながら、詰め替えを繰り返すとインクタンクの前半分のフェルト部分にすべてインクが染み渡り白い部分がなくなります。
こうなると、エア抜きがうまくいかなくなり、インクが流れず、ヘッドを焼きつかせてこしょうしてしまいます。

ショップで見かける社外インクでもフェルトの部分にインクが染み渡っているものがあり、取り付けたらまったくインクが出ずにヘッドが故障したと言う事例もあります。


また、メーカーからの情報ですが、社外インクに含まれている溶剤成分がヘッド内部の絶縁材を劣化させ、電気回路をショートさせて発煙すると言う事例もあったようです。
ですから、プリンタがパーになる覚悟で行っていただければと思います。


ただ、そう書いたものの、世の中には社外インク派、詰め替えインク派の方がいて、そのどちらにも「ノントラブル」という人はいます。逆に故障だらけで純正品しか使わないという人もいます。

これは使い方に起因することが多く、それなりの量を印刷することと、インクタンクの管理をキチンと行っていることがポイントでしょう。(当方も大体の見当は付いていますが)
一般的にインクジェットプリンタは数千ページから2万ページ/5年と言う想定で作られています。
iP3100は上位のiP4100に比べると1/3程度の寿命でした。
月-金の稼動として1日10ページ未満の想定です。
毎日100ページ以上印刷している会社もあります。そういったところではインクコストもバカにならず詰め替えなども積極的に使っていましたけど、管理が徹底していてトラブルは思ったよりも少なくなかったです。

週に一度インクを交換するとして、純正インクなら4,000円。月に16,000円となりますが、社外インクで半額とすれば8,000円浮くことになります。
ところが月に一度の交換とすると毎月2,000円の差額、多くのユーザーであれば数ヶ月に一度ですから年間に数千円程度の差額ではないでしょうか。

故障が起こって修理をしたり、買い替えになる費用を考えると、多くのユーザーが損をしていることになるかも。
そのあたりは冷静に考えたほうが良いでしょうね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる