ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

結構ありますね 例えばそう、若い時はとにかく自分のために生きるとか、自分がやりたいことを好きなことをやってそれだけでいい みたいな 考えだったんですけど、 今はそれプラス何か、さらに加えて 何かの要素が 2つくらい合わさって、 若い時は若いがゆえ身勝手であっても自分はどこか許されるみたいな考えがあったと思います 早い話が客観視できていなかったということですね あともう一つは、 例えば何か理不尽な不幸な目にあった人がとてもいい人で素晴らしい人格の持ち主だった場合、 あんな素晴らしい人がどうして あのような目に遭うのだと周りの人は悲しんだり 憤ったりすることがあるんですが、 性格も悪くて人格も低いたらどんな目にあったって仕方ない、という考えが 今も多く蔓延してると思うんですが、若い頃は僕もそう思っていました 人格がどうあれ 理不尽な目にあって不幸な状態にある人とその人の性格は別に考えるべきだなと最近思っております