1980年代初頭までアメリカでの寿司文化が定着しなかった理由は何ですか?

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/1 7:28

その他の回答(3件)

今も定着はしていません。 アメリカの寿司屋に行けばわかるけど、まともな寿司屋の客はセレブばかりですよ。確かに安い寿司もあるにはあるんだけど、日本人からしてみれば寿司と呼べるような代物ではありません。 まして「文化」と呼べるようなものなど一切ありません。家庭で酢飯を作れるでしょうか、家庭に刺身包丁はあるでしょうか、スーパーに生のマグロやヒラメなど売っているでしょうか、パーティーでにぎり寿司大会などやるでしょうか。

米国に日本にある様な魚が飾ってある様な寿司屋が出来たのはおそらく1970年代でしょう。 ニューヨーク第一号は1963年開業のここで、寿司カウンターが出来たのも70年代です。 https://www.restaurantnippon.com/about

単純に違う文化を受け入れる土壌が育ってなかっただけでしょ。 ラム肉やパクチー、バロット、ピータンなど、日本人もなかなか慣れない食べ物があるように…